『結婚しない男たち 増え続ける未婚男性「ソロ男」のリアル』著者・荒川和久さんインタビュー(前編)

「結婚しなくてもいいが、子どもは欲しい」もはやマイノリティではない、未婚男性“ソロ男”の生態

hakuhodo_arakawa1_mini.jpg
博報堂ソロ活動系男子研究プロジェクトリーダー・荒川和久さん

 「結婚できない」ではなく、「結婚しない」を選択する時代が、もうやってきている。「国立社会保障・人口問題研究所」によれば、日本人の男性未婚率は2010年で20.1%、2035年には30%近くまで増えると予想されている。

 そんな中、20~50代の独身男性、名づけて“ソロ男”(そろだん)の価値観や性格、消費活動を調べる「博報堂ソロ活動系男子研究プロジェクト」が立ち上がった。その調査の結果、見えてきたのは、「結婚しない」を選択する、マイノリティとはいえないほど多くの独身男性の存在だった。みなさんの周りにも、いないだろうか。「なんで結婚しないんだろう?」という男性たちが。

 その答えの多くが、『結婚しない男たち 増え続ける未婚男性「ソロ男」のリアル』(ディスカヴァー携書)の中に記されている。著者は「博報堂ソロ活動系男子研究プロジェクト」リーダーであり、自身も52歳ソロ男だという荒川和久さん。結婚しないソロ男とはどんな人物像なのか、本当に結婚しないつもりなのか、結婚したい女性とソロ男の相性などについて聞いた。

■世の中は、ソロ男に対して偏見と先入観に満ちている

――なぜ“ソロ男”を調べようと思ったのでしょうか?

荒川和久さん(以下、荒川) 独身男性は、誰にも相手にされてないんですよ。メディアは取り上げないし、我々広告会社も、あまり研究したことがないんですよ。研究したことがない、というと語弊がありますが、マーケティングターゲットにはならないと思われていたんです。でも、それは本当なのかと思い、2013年からいろいろと調査を開始しまして、14年8月に本格的に立ち上がりました。

 また、ソロ男に対して、世の中は偏見と先入観に満ちています。男と女は結婚をして当たり前。結婚をして一人前。もっというと、「結婚をして子どもを育てて一人前である」という考え方が根強く残っている。けれど、うちのような広告会社や、出版社、映像制作会社の人たちは、みんな結婚が遅いですよね。

 調べてみると、独身男性の人口は圧倒的に増えていて、全然マイノリティじゃない。しかも、消費力も旺盛で市場規模も大きい。将来的には、日本の人口の半分は独身生活者になると予想されているんです。結婚しない人がマイノリティである、ということはもはや言えなくなっている。そういう社会的な意味も込め、始めました。

――ソロ男の生態を教えてください。

荒川 大きく分けて5パターンです。全体の28.9%を占め、最も多いのが「社交性ソロ男」。異性の目を何よりも意識し、仲間との交流も盛んです。バブリーな頃は合コンに行きまくってた人で、人とワイワイ騒ぐのが好き。誕生日には自分で誕生日会を開く、“パリピ”みたいな人です(笑)。社交性があり、みんなからFaceboookで「いいね!」されたい、という欲求が強いですね。芸能人でいえば、アンジャッシュの渡部建さんみたいなイメージです。

 次に多く、24.8%を占めるのが「ネット弁慶ソロ男」。流行に敏感で、ネットやテレビなどの情報にアンテナを張っています。ネットの世界が好きで、2ちゃんねるのようなところで匿名で書き込む時は、ものすごい強いんだけれど、本名を出せと言われると、シュンとなってしまい、自分に自信がないタイプです。

 3番目は、21%で「きっちりソロ男」。自分の趣味と合致する仲間との交流を大事にしたり、常識や礼儀もわきまえています。きれい好きで、基本はマジメ。周囲の目を意識して自分を変えることはしない頑固さがあり、ひそかに特定領域の買い物に強いこだわりがある。そのくせ、衝動買いや無駄買いをしやすいのも特徴です。芸能人でいうと、坂上忍さんや今田耕司さんは、このタイプではないかと思います。

 13.6%の「仙人ソロ男」は、自己顕示欲がなく、出世も金も興味がない。ひとりをこよなく愛し、孤独が苦にならない。消費意欲が低く、人生を達観している節があるなどが特徴です。

 最後は、11.7%を占める「ストイックソロ男」。身だしなみよりも、自分の趣味に投資。ひとりでいる時間を重視し、それが楽しい。商品のスペックやうんちくが大好きです。物事をストイックに突き詰めるので、秋葉系のアイドルを追っかけるオタクも含まれるし、フィットネスジムでガシガシ鍛える筋肉にしか興味がない人もいる。ですから、見た目がオタクっぽい人もいれば、ボディビルダーみたいな人もいますね。

もはや「結婚しない」を選択する時代

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク