木村亜希では生きていけない?

清原亜希、“清原姓”使用でスポンサー離れも……「旧姓のままだと無名モデル」のジレンマ

kiyoharaaki_line.jpg
清原亜希オフィシャルブログより

 元プロ野球選手の清原和博容疑者が、2日、覚せい剤取締法違反容疑で警視庁に逮捕されたが、同時に注目を集めることとなったのが元妻でモデルの清原亜希の存在だ。

 清原と亜希は2000年に結婚し、02年に第1子(長男)、05年に第2子(次男)をもうけている。14年3月、清原が週刊誌で薬物疑惑を報じられると、その後、離婚。2人の息子の親権は亜希が持ち、女手ひとつで子どもたちを育てることになった。

 戸籍上の姓は明らかにしていないが、離婚後も、亜希は「清原姓」を名乗り続け、雑誌のモデルなどとして活動している。正直、これに違和感を持つ人も多いだろう。

 亜希は1984年、『ミス・セブンティーンコンテスト』の全国大会でスカウトされ、旧姓の「木村」でデビュー。工藤静香、柴田くに子とともに、「セブンティーンクラブ」を結成し、レコードも出したが、85年に解散。86年にアイドルグループ「B・C・G」のメンバーとなり活動したが、まったく鳴かず飛ばず。同グループは短期間で解散し、亜希はモデル業に活路を求めた。

 しかし、独身時代はパッとせず、売れるようになったのは、結婚後「清原姓」を名乗るようになってから。主婦向けファッション誌「STORY」(光文社)の表紙モデルに起用されるなど、主に30~40代女性向けファッション雑誌で活躍し、カリスマ的存在となり、離婚後の昨年4月には、『お弁当が知ってる家族のおはなし』(集英社)を出版して、息子たちのために作った弁当の写真を披露。ママモデルとしての地位を確固としたものにしている。

 その亜希が窮地に立っている。清原姓を名乗っているため、元夫の逮捕によって仕事に影響が出ているという。雑誌の広告スポンサーからストップがかかり、予定されていた撮影がキャンセルされる事態となっているのだ。亜希の周囲では、旧姓に戻すことを勧める者もいるというが……。

「超有名人の元夫が逮捕され、いまだにその姓を使って活動している以上、当面、亜希への風当たりは強くなり、仕事は激減するでしょうね。雑誌に広告を出しているスポンサー側としたら、離婚したとはいえ、イメージが悪いですから。ただ亜希が売れるようになったのは、結婚後に“清原ブランド”を生かしたからであって、今さら芸名を旧姓の『木村』に戻しても、それこそ誰だがわからなくなります。本人も、『モデル・清原亜希』にこだわりがあるようなので、芸名はそのままで行く可能性が高いのではないでしょうか」(芸能マスコミ関係者)

 いわば、元夫の知名度で現在のモデルとしての地位を確立した亜希。今は苦しい時期だが、「木村亜希」に戻したのでは、それこそ仕事を取れなくなる可能性は大きい。彼女は今後、究極の選択を強いられることになりそうだ。
(森田英雄)

もう“清原”から解放されてもいいんじゃない?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  18. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  19. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  20. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー