[ジャニーズツッコミ道場]

山下智久、2年ぶり新曲「Dreamer」のバックにちびっこJr.をつけた意味を考える

yamashitatomohisa02.jpg
ちびっこJr.と踊るにはエロP封印で

 2月7日放送の『MUSIC JAPAN』(NHK)に出演した、山下智久。2015年は『アルジャーノンに花束を』(TBS系)や『9→5~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)などドラマで活躍していたが、歌手として活動する山Pを見るのは、13年の『SUMMER NUDE’13』以来と、久しぶりだったりもする。NEWS脱退後のソロ歌手活動をまとめたベストアルバム『YAMA‐P』が発売されたばかりで、今回はそこにも収録されている「Dreamer」を披露するという。

 山Pが作詞したというこの曲は、11年に発表されていたが、CDとしてリリースされるのは今回が初めて。番組でも、<ファンの間では“幻の名曲”と呼ばれている>と紹介されていた。タイトル通り、夢、希望、未来を歌った前向きな歌。そういうこともあってか、今回は未来への希望に満ちた、ちびっこJr.をバックにつけてのパフォーマンスだという。

 紹介された山Pは、「ちっちゃくてカワイイんですよ、もう!」と、デレる。「誰かの目標であり、誰かの夢になりたいと思ってます」、そして「その子たちに憧れてもらえるような、そういう存在でいれる僕でいたいな」と語る。MCのユースケ・サンタマリアも、この中に“未来の山P”がいるかもしれないと言っていた。

 さて、歌い始める山P。後ろには、白い衣装に身を包んだ小中学生Jr.たちがズラリと並んだ。松本拓真やヴァサイエガ渉、タッキー&翼の曲「山手線内回り~愛の迷路~」で車掌コスプレで踊っていたあたりの子もいるか。そして、1月の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で勝利&健人with ジャニーズJr.が披露した「Hi Hi Jet」で、突如バレエを踊って注目を集めた“謎の少年”もいる!

 山Pの歌に合わせて、ゆっくりステップを踏みながら踊るちびっこJr.たち。しかし、なんだろう、この食べ合わせの悪い感じというか、どう見ていいのかわからない感じ。

 ちびっこJr.を引き連れるパターンとしては、Sexy Zoneだと『NHK紅白歌合戦』などで見慣れた感じがあるし、ちびっこをバックに「YOLO Moment」を歌う中山優馬や、ちびっ子車掌を引き連れて、山手線の曲を歌うタキツバなんかも、カオス感があって、また良い。優馬やタッキー、それから勝利などには、これからのJr.を引っぱってくれるような「育成枠感」もあるため、ちびっこと馴染みがいいのかもしれない。

 しかし、山Pのこの違和感。NEWS脱退後のソロ曲では、バックが外部の女性ダンサーだったりして、Jr.がバックにいる印象は薄い。今回披露した曲も、ミドルテンポで美しい世界観を歌うため、ハツラツと踊るというよりは、手振りでキレイに見せる“天使的演出”の方。白衣装だったし、「スノープリンス合唱団」とかにJr.の意味は近い。

 単に山P&Jr.を見慣れないだけかもしれないが、こうしてJr.を従えることになったワケを考えると、どうしても「ケータイ事件」が引っかかってしまう。赤西仁、関ジャニ∞・錦戸亮の3人で、一般人のケータイを持ち去ったことで書類送検となり、映画の舞台挨拶で謝罪したことがあった。その影響かどうかはわからないが、少なくとも歌手としての山Pはそれ以降見ることはまったくなかった。そんな中、今年の『ジャニーズカウントダウンコンサート』に「修二と彰」で電撃登場。これは、年明けを区切りに歌手・山Pも「許された」状態になったということなのだろうか。ドラマには出ていたわけだけど。

 そこにきて、SMAP解散危機騒動。NEWS脱退後の山Pは、いわゆる「飯島班」としての仕事が多かったが、今回のことで、山Pも新たな環境に身を置くことになったという想像もできる。ちびっ子Jr.とのパフォーマンスも、その一環なのかもしれない。

 山P自身も語っていたが、「尊敬する先輩は山下くん」というJr.はもともと多い。昨年のジャニーズJr.カレンダーのプロフィール欄でも、この質問に「山下くん」と答えた数は、Hey!Say!JUMP・山田涼介を抑えて1番多かった。もしかしたら、ちびジュのお母さんとしては、「悪いお友達がいる人だからねぇ」と、あまりお近づきになってほしくないわ、とも思うかもしれない。しかし、今回のパフォーマンスにとびきり無垢なバックをつけることで、「禊」感がどこか漂った。

 これからの「ホワイト山P」=「白P」に期待してね、という決意かもしれない。もうケータイは奪わない。NEW山Pだから。なんのこっちゃ、という感じだが。
(太田サトル)

SixTONESとかスノじゃないあたりに禊感あるわ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

山下智久、2年ぶり新曲「Dreamer」のバックにちびっこJr.をつけた意味を考えるのページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! ジャニーズツッコミ道場・山下智久のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 神木隆之介『3月のライオン』大コケ
  2. 古舘が嵐・櫻井熱愛に余計な言及
  3. 山本裕典は、前田敦子の“最初の男”!?
  4. 山本裕典、最上もがをお持ち帰り!?
  5. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?
  6. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  7. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ
  8. 木村『A LIFE』を絶賛する女性誌
  9. 土屋太鳳の手料理に批判噴出
  10. 伊藤英明、異例セックス写真掲載のワケ
  11. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  12. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  13. セックス写真流出疑惑の女子アナは今
  14. キスマイ女性問題がネットに続出
  15. 山岸舞彩、セックス写真で絶体絶命
  16. “クズすぎる男性タレント”暴露
  17. 『DASH!!』で動物愛護論争が勃発
  18. 「GINGER」流“隙のある女子”とは
  19. 山本裕典、ハレンチ行為が問題に?
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 古舘が嵐・櫻井熱愛に余計な言及
  2. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?
  3. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ
  4. キスマイ女性問題がネットに続出
  5. 『DASH!!』で動物愛護論争が勃発

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「GINGER」流“隙のある女子”とは
  3. 性被害は被災と同じくらい大変なこと
  4. セレブママサークルに「イクメンくん」加入! 「ママたちの仁義なき戦い」勃発して……!?
  5. 暴力の連鎖が生む沖縄の格差と矛盾

海外ゴシップの人気記事

  1. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  2. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. 知っておきたい、カーダシアン家の10大事件
  5. ウィリアム王子のダンスがダサすぎ!