今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

今井絵理子、「参院選出馬会見」での佇まいに見つけたある“共通点”

speed-all03.jpg
この頃は「白=純真」イメージでイケたのに……

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎そして蓮舫
 「沖縄出身」「息子に聴覚障害」「シングルマザー」からの~、出馬会見を行った今井絵里子。別にまだ当選したワケじゃないけど、何かこう、すっかりタレント議員っぽい佇まいになっちゃって。清原和博といい狩野英孝といい、白スーツ着てる人間ってのはなんか信用できん。おしなべて。

◎最速で風化
 石坂浩二イジメ問題で、久々に発言が報じられた島田紳助であるが。「紳助がしゃべった」ということに対する世間の反応は、ビックリするほどなかった。詔のつもりが無反応て。一番ビックリしたの紳助本人なんだろうな。思わず続けてベッキーの不倫にも言及。「すごいやん」と懐かしの言い回しで擁護。もう「○○やん」が紳助の決まり文句だったというコンセンサスさえ失われつつあるので、失笑すら起こらず。悲劇やん。傍目にはもう大橋巨泉と変わらない。紳助を知らない子どもたちだらけさ。

◎新しいときめき
 その容姿と言動で、テレビ放映ギリギリの喫水線を日々抉り続ける加藤紗里。このテの人間って、なんか「事件」でもないとあんまりテレビに映らないからな。「被害者」でも「加害者」でもなく「モデル」として大写しにされるあの風貌。もはや不快を通り越し、この人間に一体何が起こっているのか、確かめようと凝視してしまう。

 電車の中でシゲシゲ見てるとガン飛ばされたりして怖いけど、テレビならその心配もなく、顔も化粧も爪もアクセも服装も精神状態も見放題。「なんだコイツ!!」という拒否反応が殺到するであろうその状況と、そこに対する本人の返しも含めての見世物小屋。普段は「事件」が起こってからでないと目にすることのない、『闇金ウシジマ君』(小学館)的な世界の人間がライブで。新しいジャンルの娯楽がスタートしたのかもしれない。

 ブログでの反論も毎回すごい。そう来るか、の新発見が地雷のように。テレビに映ると戸惑うが、社会にはこういうフィジカル・メンタルの持ち主が結構な密度で存在しているわけで。「まいにち、紗里」カレンダーとか売り出したら、結構需要あるかもしれない。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  5. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  13. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  14. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  15. キャラ変え好調の乙武洋匡
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー