芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

【関連ワード】

週刊ヒトコト斬り

speed-all03.jpg
この頃は「白=純真」イメージでイケたのに……

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎そして蓮舫
 「沖縄出身」「息子に聴覚障害」「シングルマザー」からの~、出馬会見を行った今井絵里子。別にまだ当選したワケじゃないけど、何かこう、すっかりタレント議員っぽい佇まいになっちゃって。清原和博といい狩野英孝といい、白スーツ着てる人間ってのはなんか信用できん。おしなべて。

◎最速で風化
 石坂浩二イジメ問題で、久々に発言が報じられた島田紳助であるが。「紳助がしゃべった」ということに対する世間の反応は、ビックリするほどなかった。詔のつもりが無反応て。一番ビックリしたの紳助本人なんだろうな。思わず続けてベッキーの不倫にも言及。「すごいやん」と懐かしの言い回しで擁護。もう「○○やん」が紳助の決まり文句だったというコンセンサスさえ失われつつあるので、失笑すら起こらず。悲劇やん。傍目にはもう大橋巨泉と変わらない。紳助を知らない子どもたちだらけさ。

◎新しいときめき
 その容姿と言動で、テレビ放映ギリギリの喫水線を日々抉り続ける加藤紗里。このテの人間って、なんか「事件」でもないとあんまりテレビに映らないからな。「被害者」でも「加害者」でもなく「モデル」として大写しにされるあの風貌。もはや不快を通り越し、この人間に一体何が起こっているのか、確かめようと凝視してしまう。

 電車の中でシゲシゲ見てるとガン飛ばされたりして怖いけど、テレビならその心配もなく、顔も化粧も爪もアクセも服装も精神状態も見放題。「なんだコイツ!!」という拒否反応が殺到するであろうその状況と、そこに対する本人の返しも含めての見世物小屋。普段は「事件」が起こってからでないと目にすることのない、『闇金ウシジマ君』(小学館)的な世界の人間がライブで。新しいジャンルの娯楽がスタートしたのかもしれない。

 ブログでの反論も毎回すごい。そう来るか、の新発見が地雷のように。テレビに映ると戸惑うが、社会にはこういうフィジカル・メンタルの持ち主が結構な密度で存在しているわけで。「まいにち、紗里」カレンダーとか売り出したら、結構需要あるかもしれない。


mishuran.jpg
今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!