仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

薬物逮捕された清原和博と、謝罪した清原亜希――元夫婦に見る“漢”という生き物の甘さ

kiyoharaaki_line.jpg
清原亜希オフィシャルブログより

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「深くお詫び申し上げます」清原亜希
(清原和博逮捕に対しての清原亜希コメント、2月5日)

 元プロ野球選手・清原和博が逮捕されたことに関して、「まさか!」と思う人はどのくらいいたのだろう。2014年、「週刊文春」(文藝春秋社)が清原の薬物疑惑を取り上げ、本人は完全否定したが、入れ墨や服装からして、“あっち側”の価値観に染まった清原の発言は、いまいち信憑性に欠けるものだった。

 昨年出演した『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)において、浜田雅功に「クスリやってんの?」と聞かれて、「やってないです。風邪薬はやったことありますけど」とつまらない冗談で否定したものの、印象として、“嘘くささ”を感じた。『Mr.サンデー』(同)が、清原を1200時間にも及ぶ密着(という名の隠し撮り)をしていたことから考えれば、マスコミもクロだとみなして、Xデーに備えていたのだろう。

 「漢と書いて、オトコと読む」という世界がある。血気盛んで、筋肉隆々。時に狼藉を働くこともあるが、それは義理人情を重んじてのこと。情に厚く、涙もろい。コワモテだけど、実は優しい。“漢”とはそんな男性を指す。

 演じているのか、素でそうなのかは不明だが、清原和博は球界における“漢”だったといえるだろう。任侠的な精神は、日本の土着文化とも言えるので、男女問わず支持する人はいるのだろうが、私はこういう人が嫌いである。なぜなら、“漢”はオンナに迷惑をかける単なる“甘ったれ”だからだ。

 14年に離婚した、“漢”の元妻・清原亜希の芸能界入りのきっかけは、ミス・セブンティーンコンテストだった。アイドルとしてデビューするも、鳴かず飛ばずで、彼女の知名度を上げたのは、結婚後に「STORY」(光文社)の表紙モデルに抜擢されたことだった。亜希がいきなり“雑誌の顔”に抜擢されたのは、“夫が球界を代表する有名人”というが大きかったと思われる。チャンスを得た亜希は抜擢後、女性の支持を受け、人気を獲得していく。モデルとして活躍する一方、子どもを“お受験界の東大”と呼ばれる名門に合格させたことで、亜希のカリスマ性はピークに達した。

 しかしその頃、清原は海外の仕事先に、銀座の高級クラブのママを同伴したことを、「週刊現代」(講談社)にすっぱ抜かれる。清原は週刊誌の記者に向かって、「こんな仕事をして、子どもに背中を見せられるのか」と自分の不倫を棚に上げて、説教までしたという。

“漢”長渕が義理人情を一切なしでフェードアウトしたの最高~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  6. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  7. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  8. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  9. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  14. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  15. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  16. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム