「勘弁してください」と懇願も?

ゲス乙女・川谷絵音、「離婚しない」宣言!?  ベッキーの「結婚して引退」計画は完全消滅か

2016gesukiwa.jpg
ゲスの極み乙女。オフィシャルサイトより

 当面の芸能活動休止が発表されたベッキーだが、ここにきて“泣きっ面に蜂”の展開が伝えられた。不倫相手とされるゲスの極み乙女。・川谷絵音が、周囲に「離婚はしない」と話しているというのだ。莫大なCM違約金を抱え、テレビ各局には視聴者からのクレームが殺到と四面楚歌のベッキーだが、これによって「引退して結婚」という選択肢さえも消滅してしまったようだ。

 ベッキーがここまで追い込まれることになったのは、謝罪会見直前、川谷とLINEで「友達で押し通す予定!笑」「ありがとう文春!」などとやりとりしていたことが、「週刊文春」(文藝春秋)にスッパ抜かれてしまったため。スポンサーやファンに対しても嘘をついていたことが判明し、一気に活動休止に追いやられた。

「さらに9日発売の『女性自身』(光文社)によると、川谷の所属事務所関係者が、各テレビ局に『川谷をたたくのはもう勘弁してください』などと、泣きを入れていることが明らかに。その際、川谷について、妻から離婚届を突きつけられているものの、本人は『離婚するつもりはない』と話している、と説明したそうです。『文春』の第一報によると、ベッキーは『卒論(離婚届)提出できたら、けんちゃん(川谷の本名)にいっぱいワガママ聞いてもらおうっとー!笑』などとメッセージを送信しており、川谷がケジメをつけてくれることを信じていたようですが、その期待はもろくも打ち砕かれてしまいました」(スポーツ紙記者)

 一部週刊誌に、「引退してでも結婚したい」と熱望していると報じられたベッキー。しかし結果的に、仕事も恋人も失うことになってしまったようだ。一方の川谷は、ゲスの極み乙女。が担当する予定だった映画『クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃』の主題歌が取り下げとなったと報じられたが、スキャンダルによって負った傷は、「ベッキーと比べればあまりに浅い」(同)という。

「当初から川谷にも『きちんと表に出て謝罪しろ』といった声が、世間や関係者の間からも噴出していました。しかしここまでスルー対応が続いているのは、音楽活動、また売り上げにそこまでの悪影響がないからでしょう」(同)

 当初、レギュラー番組10本を抱えるベッキーだけに、テレビ局は一連の不倫報道を取り上げることにやや後ろ向きだったものの「出演停止のタイミングで、スポンサーへの配慮が不要になったため、編成から『今後はガンガンベッキーネタをやってくれ』と手のひら返しの指示が出ています」(テレビ局スタッフ)という。

 こうなると、もはやベッキー以上に川谷の“ゲスっぷり”が際立ってしまうが、今後の音楽活動で、この落とし前をつけることはできるのだろうか?

ゲス嫁からしたら「勘弁してくれ」でしょ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  9. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  13. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー