[ジャニーズ最新言行録]

A.B.C-Z新曲、「何枚売れればいいんだろう」……DVDリリースにファン不安のワケ

tukachan.jpg
試聴機の前で勝手に販促する塚ちゃんが見える

 デビュー記念日の2月1日に新曲「花言葉」のリリースを発表したA.B.C−Z。アクロバットを得意とするグループである彼らだが、今回のミュージックビデオは約15分のショートムービー仕立てとなっている。芝居と音楽の融合が、新たな魅力を引き出してくれそうだとファンの関心を集めている。

 ジャニーズ事務所に所属するグループはCDデビューが通例のところ、A.B.C-Zはジャニーズ初のDVDデビューを飾っており、1stDVD『Za ABC ~5stars~』は初動5.6万枚を売り上げ見事オリコン週刊ランキング1位を獲得。そして昨年9月、待望のCDシングルデビューを果たした「Moonlight walker」は初動8万枚を売り上げ、こちらも週間ランキングで1位に。

 塚田遼一のバラエティー進出や戸塚祥太の映画主演を筆頭に個人活動も活発になり、着実に知名度を上げている現在。そんな中発表された新曲が「花言葉」だが、ファンの間ではこの発表に不安や心配の声が続出している。

「今回のリリースはDVDということもあり、ようやくCDデビューを果たしたのにデビュー当時に逆戻りしたようだと嘆かれています。ファンから『CDダメだったのかなって心配になる』『DVDリリースがA.B.C−Zの個性だっていうのはわかるけど、ジャニーズに興味ない人に知ってもらうにはCDの方がいいのに』など、疑問の声が上がっています。CDであれば1500円程度で購入できるところ、DVDとなるとその倍の価格はしてしまうため、『新しいファンをつかむチャンスを逃している』と指摘する声も少なくありません」(ジャニーズに詳しい記者)

 また、通常版の特典に昨年公演が行われた『ABC座2015』の第2幕の映像が収録されることから、『ABC座2015』単独での映像ディスク化の展開はないとみられ、これに落胆するファンも。発売元のポニーキャニオンへディスク化の要望を出す動きが広まっているようだ。

 そして、「花言葉」のリリース予定日3月16日は、Mr.ChildrenのライブDVD・Blu-ray『Mr.Children Stadium Tour 2015 未完』のリリースがすでに発表されている。ランキングで1位を取るためには、少なくとも“ミスチル越え”をしなくてはならないという試練が課せられたことにより、「何枚売れればいいんだろう……」という不安がファンの間で広まっているようだ。

「同日にはKis-My-Ft2の16枚目のCDシングル『Gravity』の発売も発表されており、『あ~、だからA.B.C−ZはDVDなのか』と皮肉めいた見解もあるようです」(同)

 A.B.C−Zのブレークを今か今かと待ち望んでいるファンにとって、今回のリリース発表は喜ばしい半面、もどかしい気持ちにもさせる情報となった様子。しかし、ここで結果を残せばA.B.C−Zの人気の証明にもなるだろう。デビュー4周年のスタートがどのような結果になるのか期待したい。

過度に心配することがファンの務めなもので……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク