意外な金額!?

世界的な人気歌手カーリー・レイ・ジェプセンが路上パフォーマンスしたら、いくら稼ぐ?

CarlyRaeJepsen01.jpg
トム・ハンクスを連れて来たら倍になったかしら?

<動画はこちら>

 長い下積み時代中に、歌手ジャスティン・ビーバーに才能を見いだされ、一躍売れっ子シンガーソングライターとなったカーリー・レイ・ジェプセン。ジャスティンは、カーリーの「コール・ミー・メイビー」(2011)を、恋人だったセレーナ・ゴメスや友達と口パクするパロディービデオを制作し、SNSで拡散。誰でも口ずさめるポップで軽快なテンポの「コール・ミー・メイビー」は爆発的な大ヒットとなり、全米で9週連続1位を獲得。

 14年には念願だったブロードウェイ・ミュージカル『シンデレラ』に主演し、高い評価を得た。頂点に上り詰めたカーリーだが、初心を忘れずに制作活動にいそしみ、昨年にはサードアルバムとなる『エモーション』をリリース。このアルバムも世界的なヒットとなり、先週末には、出演したテレビミュージカル『Grease: Live!』が全米で放送されるなど、充実した忙しい日々を送っている。

 そんなカーリーが、人気コメディサイト『Funny or Die』の「予告なしでストリート・パフォーマンスをしたらどうなるか」という企画で、ロサンゼルスの道端でパフォーマンスを披露した。

 『Funny or Die』は1月31日に、「みなさん、カーリー・レイ・ジェプセンが何百万人もの前で『Grease: Live!』のフレンチー役を熱演したのをご覧になったでしょう。でも、彼女が小銭を稼ぐために、歩道で戸惑いながらパフォーマンスするのを見たことはないでしょう? ロサンゼルスのサードストリート・プロムナードで、バスキングする彼女の姿をどうぞご覧ください!」という説明文と共に、2分11秒のショート動画を掲載した。

 バスキングとは、パフォーマンスを披露した後、帽子やギターケースなどに投げ銭を集める行為のこと。立ち止まって見た人が満足すれば、お札を入れてくれることもある。ホリデーシーズンの12月は月に2,500ドル(約30万円)も集まるが、1月になると400ドル(約4万6,000円)集まればいいと言われるほど、その額は月によって左右される。

 今回公開された動画は、カーリーが、ギタリストの男性を一人連れて、道端に設けられたステージに登場するところからスタート。黒髪のおかっぱ頭、オフショルダーの半袖トップスに黒のオーバーオールを着た彼女は、とても地味で、誰の目も引かない。しかし、マイクを手に歌い始めると、道行く人たちは振り返り、カーリーだと気がつき驚く人が続出。インタビューされた男性は、「カーリー・レイ・ジェプセンにすごく似てると思ったけど、あんな有名人がこんなところでパフォーマンスするわけないし」と戸惑いながらコメントしていたが、まさかという表情でカーリーを見る人が多かった。

覚えにくい顔だから本人と思われていなったんじゃ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ムショ飯はうまいのか?
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 新春ジャニオタ放談

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!