知られざるきよの日常とは?

清原和博を“受信料”で密着取材!? NHKがひた隠す、覚せい剤逮捕前のマル秘映像

kiyohara.160204.jpg
ウソばかりつき続けて、今はホッとしてるんじゃ

 1年以上に及ぶ“逮捕秒読み”報道の影響か、現在テレビ各局は清原和博の「逮捕前映像」をこぞって放送し続けている。「間もなく動きがある」といわれた昨年の夏から秋にかけて、各局ニュース番組は清原を盗撮したり、直撃しているVTRを撮りためていたといわれているが、中でも最も詳細な清原の映像を保有しているのは、NHKなのだという。しかし、諸般の事情からそれらの映像は、お蔵入りしてしまう可能性が濃厚というが……?

「薬物疑惑を報じられた後、しばらくはテレビから姿を消していた清原ですが、最初の復活となったのが2015年4月放送の『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)でした。離婚したため離れ離れになってしまった2人の息子について、また闘病中の母親のため四国でのお遍路行脚をしたことなど、涙ながらに明かしました」(スポーツ紙記者)

 その後、再び逮捕間近との情報が出回ったことから、テレビで見かけることは減っていったものの、秋頃には露出を再開。しかし、この『金スマ』オンエア前から、清原のドキュメンタリー番組を放送すべく密着取材を続けていたというのが、ほかならぬNHKなのだという。

「番組は東京本社ではなく、大阪放送局の制作で、昨年初旬頃から清原の私生活をずっと撮影し続けていたそうです。しかし、当初オンエアは昨年秋を予定していたものの、この時期にも逮捕目前と騒がれたことから一旦放送を保留に。再調整後、オンエアは今年初春を予定していたという情報もあるだけに、もし今回清原が逮捕されていなければ、普通にオンエアされていたことでしょう」(テレビ局関係者)

 しかし各報道を見る限り、警視庁は1年前の時点で、清原を“クロ”と踏んでいたといわれる。逮捕にここまで時間がかかってしまったのは、決定的な証拠を確実に押さえられるようタイミングを図っていたからというが、そうなるとNHKは、覚せい剤を使用していた期間も密着取材を続けていたことになる。

「番組は、当然お蔵入りすることでしょうが、問題となるのはその膨大な取材映像。日本を代表するスターの逮捕直前までの姿が映った貴重なVTRとなるため、東京の報道局は映像を提供するよう大阪に要請しているんです。しかし、後に犯罪者と判明する清原への取材費は、当然国民の皆様からの受信料で賄われたもの。世間の反感を招くことは免れられぬと、大阪側は提出を拒否しているそうです」(同)

 この件に関して、NHKに問い合わせるも、「取材の過程については、お答えしておりません」との回答だった。“清原逮捕直前の日々”の映像を保有するNHKだが、果たして陽の目をみることはあるのだろうか?

清原の飲酒シーンは見てみたい気がするが……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. 『カウコン』意外な舞台裏
  7. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  8. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  9. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  10. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  11. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  12. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  13. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  14. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  19. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  20. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー