[サイジョの本棚]

デビュー作と同じテーマである「大切な人の死」を、より生々しく力強く昇華させた若木未生『ゼロワン』

デビュー作と同じテーマである「大切な人の死」を、より生々しく力強く昇華させた若木未生『ゼロワン』

 小野不由美、前田珠子、桑原水菜、榎木洋子――1990年代、講談社X文庫ホワイトハートや集英社コバルト文庫といった少女小説では、異世界や超能力で少年少女が活躍するファンタジー作品が人気を確立していた。超能力を持つ若者たちを描いた『ハイスクール・オーラバスター』などでその流行を牽引していた作家・若木未生による、一般文芸書として初の単行本『ゼロワン』(徳間書店)が昨年12月に出版された。  若木の作家デビューは1989年。ライトノベル作家として多くの人気ファンタジーシリーズを生み出している彼女だが、デビュー作となった『AGE』は、高校生・西野の視点から描かれる、超能力は一切登場しない青春小説だ。とある悲惨な過去を抱えながらも、優しく大人びた雰囲気を持つ、西野より1学年上の山崎。山崎に憧れる西野とその友人・高岡。都立高校の屋上を主な舞台に、両親も1人の弱い人間であることに気づいた時の戸惑いや不安、先輩の不慮の死を、時に衝突しながら乗り越えていく2人が伸びやかに描かれている。この『AGE』を起点とするバンド小説『グラスハート』も人気を博し、2009年のシリーズ完結時には直木賞作家・山本文緒がその魅力を語るなど、ライトノベル内にとどまらない反響を呼んだ。...

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

デビュー作と同じテーマである「大切な人の死」を、より生々しく力強く昇華させた若木未生『ゼロワン』のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! サイジョの本棚のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 前田敦子、北川景子との“格差”に不満!?
  2. 本田翼、セフレから恋人に昇格!?
  3. 父との関係に見る、魔性のオンナの条件
  4. 女性芸能人SNSバトル
  5. 綾瀬はるか写真集が「全然売れてない」
  6. 木村拓哉、“娘”タブーを解禁の焦り
  7. 山本裕典は、前田敦子の“最初の男”!?
  8. 前田敦子、食事姿が「下品」と炎上
  9. 『ジョジョ』実写版CGが「ショボすぎる」
  10. 『ビビット』視聴率3%にBPOで問題続き
  11. 藤原さくら、沖縄音楽ファンから批判
  12. 前田敦子、棒演技なのにオファー続くワケ
  13. 『あなたのことは~』東出はミスキャスト?
  14. NEWS・小山の「痴態」音声流出
  15. 『3月のライオン』後編もトップ3圏外
  16. ジャニーズドラマが不振、春ドラマ
  17. 『やすらぎの郷』、施設スタッフは前科者だらけ!?
  18. さんま、嵐と共演で「松本は一番イヤ」
  19. ラブホ回でニヤつくA.B.C-Z
  20. 嵐・櫻井ドラマ、局内から反感

ジャニーズの人気記事

  1. NEWS・小山の「痴態」音声流出
  2. さんま、嵐と共演で「松本は一番イヤ」
  3. ラブホ回でニヤつくA.B.C-Z
  4. 嵐・櫻井ドラマ、局内から反感
  5. 城島と国分の“好感度”格差

カルチャーの人気記事

  1. 「カワイイ」とちやほやされてきたお嬢様な私が、貧乏くっさ~い女に負けるなんてあり得ない!
  2. 「婦人公論」保奈美の新連載がヤバイ
  3. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  4. LGBTや内縁関係でも入れるお墓
  5. 高島彩「Domani」で優等生発言

海外ゴシップの人気記事

  1. リアーナ、女王のコラ画像を投下し再炎上
  2. メル・B、離婚申請した夫に3Pを強要された
  3. G・パルトローのサイトでセックス特集
  4. ケイト・アプトン、爆乳がこぼれんばかり
  5. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参