中国版ジャニーズ? アイドル空白地帯・中国で「TFBOYS」がBIGBANG超えの人気!

tfb.jpg
TFBOYSはThe Fighting BOYSの略

 最近、中国では日本や韓国のようなアイドル文化・エンタメ産業が急速な広がりを見せつつある。男性アイドルグループでは中国人メンバーも在籍する韓国のEXOが人気を博しているが、女性アイドルグループでは、AKB48の姉妹グループであるSNH48が有名だ。

 そんな中、ついに中国の“純国産”男性アイドルグループが誕生し、じわじわと知名度を上げているという。そのグループの名は「TFBOYS」。内陸部出身の若者3人組で、リーダーは1999年生まれの王俊凱(ワン・ジュンカイ)、2000年生まれの王源(ワン・ユエン)と易烊千璽(イーヤン・チェンシー)で、15~16歳とかなり若い。

tfb2.jpg
イーヤン・チェンシーはメンバー最年少の15歳。だが5歳の頃から子役として芸能活動をしている

 13年8月6日にデビューした彼らは、初となるアルバム『Heart夢・出発』を発売すると、翌年もシングル曲を次々と発表し、ネットを中心に徐々に注目を集めるようになっていった。そしてデビューからわずか1年で中国国内の人気歌手に贈られる「金曲賞」を受賞。現在は新曲発表やライブなどの音楽活動に限らず、テレビドラマや映画にも出演し、俳優としてのキャリアもスタートさせている。その活動内容からか、日本のジャニーズタレントと比較する中国人ファンも多い。

 中国検索サイト最大手「百度」が発表する人気アイドルランキングでは現在、5位のBIGBANG(韓国)を抑え、TFBOYSは4位に浮上。中国版Twitter「微博」のTFBOYS公式アカウントは現在約500万人がフォローしており、その数はまだまだ伸びている。「微博」からファンの声を拾ってみると、

「本当にかわいい! 絶対に解散しないでね!」
「最近はCMにも出ちゃったりしてる! 『国民の弟』として成長する彼らが楽しみ」
「いつか日本や韓国でも活躍する日が来たらうれしい!」
「EXOなんかより、TFBOYSの方が断然イイ」

 アジア圏のアイドルに詳しい女性誌記者は、TFBOYSを次のように分析する。

「PVがK‐POPアイドルと酷似している、といった批判もありますが、中国では彼らを応援する声がほとんどです。実は、かつて台湾でも彼らのような3人組男性アイドルグループがいました。台湾初の男性アイドルグループとして、89年にデビューした『小虎隊』です。当時の台湾では、日本の少年隊が大人気で、“台湾版少年隊”として成功を収め、メンバーは現在でも台湾の芸能界で活躍しています。今回、中国でデビューしたTFBOYSも第2の小虎隊として成功してほしいとの願いから、中華圏では“中国版小虎隊”と呼ばれています。最近よく日本のメディアにも取り上げられているので、日本進出もあるかもしれません」

 TFBOYSはジャニーズJr.のように、下部組織として「TF家族」と呼ばれる数十人の練習生グループもあるというが、彼らは中国版ジャニーズとして成功できるのか、今後が楽しみだ。
(青山大樹)

ちょっくら中国まで飛んでくるわ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  5. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  14. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  17. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. テレビとギャップありなジャニーズ

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. テレビとギャップありなジャニーズ
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー