[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

嵐、顔認証&デジタルチケットを本格導入!「多ステ禁止」「良席譲渡禁止」など厳戒規制

15arashi_green.jpg
「コンというより、もはや金を取られる番組協力」という指摘も

 4月23日から8月10日まで行われる嵐のアリーナツアー『ARASHI“Japonism Show”in ARENA』が、QRコードを用いたデジタルチケットになり、本人確認のための“顔認証”を実施することが明らかになった。昨年のツアーでも一部の公演で顔認証を行った上での入場が義務付けられたが、今回のアリーナツアーはネット上での高額売買などを防ぐべく、より厳しい条件の提示に踏み切ったようだ。

 嵐にとって実に9年ぶりとなるアリーナツアーだが、昨年12月27日、『ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism』最終日にこの開催が発表されると、ファンからは「ドームでも取れないのに、アリーナなんて倍率が高すぎて泣けてくる」などと、早くも不安の声が続出していた。そして、2月2日に嵐のファンクラブ会員へ向けたメール伝言板で同ツアーの申し込みに関する詳細が発表されたが、デジタルチケット&顔認証での入場という案内が記載されていたことで、ファンが騒然となった。

「今回の公演は1公演につき2枚まで、入場者は嵐のファンクラブ会員限定となっています。申し込みした代表者と同行者を入れ替えたり、同行者が違う会員と別途申し込みをすることも禁止となっています。つまり、何度も公演に入る『多ステ』は実質不可能という厳しいルールが設けられました。さらには、座席番号は公演前日に通知されるそうで、良席狙いのチケットの譲渡や転売も難しくなります」(ジャニーズに詳しい記者)

 前述の『Japonism』最終公演は、一部チケットのみ顔認証が適用された。申し込み時に顔写真を登録し、現地で顔認証するという流れだったが、その認証方法は係員の“目視”であることが話題になった。

 また、嵐だけでなく、2月18日から始まる関ジャニ∞・渋谷すばるのソロツアーでも、同じくデジタルチケット&顔認証を実施することがすでに発表されている。渋谷本人はラジオ番組『関ジャニ∞渋谷すばるのスバラジ』(NACK5、1月23日放送)で、顔認証を導入することについて「やっぱ、ちゃんとチケット取っていただいた方に楽しんでいただきたいな、ということだけですよね」「別に普通のことですからね。買った人が見に来る、だけのこと。それがしたいな~と思っただけですね。高いお金とか払ってほしくないだけです、僕は」と、率直な思いを明かしていた。

 今回、ジャニーズ事務所が大掛かりなチケット規制ともいえる対策を講じたことについては、「ネットや実店舗での転売を見つけたファンが『このサイトで売りに出されている』といったデータを“通報”したり、『なぜ取り締まらないのか』という問い合わせメールが事務所関係に1日数百件も届くとか。野放しにしていると『転売屋を黙認している』といったウワサが流れることもあるため、信用のために対策せざるを得なかったのでは」(同)という意見もある。

 ファンの声が事務所に届いたともいえる、デジタルチケット&顔認証の導入。渋谷や嵐の公演で本格導入された後、ほかのジャニーズコンサートにどう組み込まれていくのか、注目が集まる。

『TIME』コンから9年たったなんて信じたくない!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク