視聴率15%超も余裕のテンション

嵐・大野主演『世界一難しい恋』は「波瑠の正念場」!? “失敗するはずない”ドラマの行方

haru_sekaiichi.jpg
波瑠オフィシャルブログより

 NHK連続テレビ小説『あさが来た』(波瑠主演/月~土曜午前8時~)が、まさに絶好調だ。週平均視聴率は第1週から、17週連続で20%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の大台を突破。第5週以降は、13週連続で23%超の高い視聴率を維持している。直近の第17週(1月25日~30日)は24.7%で、第10週の25.2%に次ぐ視聴率をマーク。このままいけば、2004年度以降では最高視聴率となった『花子とアン』(14年度前期/吉高由里子主演)の平均22.6%をも抜き去りそうな勢いだ。

 清楚なイメージで、主人公・白岡(今井)あさの役にもピッタリはまった波瑠の人気は急上昇。その潜在視聴率は12%を超えるともいわれるだけに、水面下で在京キー局による争奪戦が繰り広げられていたが、それを制したのは日本テレビだった。

 朝ドラが終わると、波瑠はブランクを置かず、4月期に嵐・大野智が主演する連ドラ『世界一難しい恋』(水曜午後10時~)でヒロインを務めることが決まった。同ドラマは、カネはあるが人望はない、まだ恋を知らない“性格難あり”の34歳独身の一流ホテル経営者・鮫島零治(大野)が、何を考えているかわからない謎のKY女(波瑠)に初めての恋をし、低すぎる恋愛テクニックを駆使して、好きな人を追いかけるというラブコメディ。脚本は、『きょうは会社休みます。』(14年/日本テレビ系)、『SUMMER NUDE』(13年/フジテレビ系)などを手掛けた金子茂樹氏のオリジナル作品となっている。

 波瑠は06年1月にWOWOWで放送されたドラマ『対岸の彼女』で女優デビューしており、丸10年のキャリアを持つ。これまで端役が多かった苦労人だが、朝ドラでようやくチャンスをつかんだ。決して売れているとはいえなかったが、ポッと出の女優ではないだけに、演技力には確かなものがある。

 一躍、全国区の知名度を手にした波瑠にとっては、これからが本当の勝負。朝ドラ後の作品で、評価されるかどうかで、今後の女優生命が左右されるといっても過言ではない。その点、主役の大野は連ドラ出演が、14年4月期の『死神くん』(テレビ朝日系)以来2年ぶりとあって、ファンの期待感はかなり高い。もともと、日テレの「水10枠」は好視聴率をキープしており、裏のフジテレビもドラマ枠を廃止するとみられているだけに、“競合ドラマ”がなくなるのも追い風となりそう。現状「失敗するはずない」ドラマだけに、逆に視聴率低迷となれば一大事だが、視聴率のみならず、作品が評価されて、大野とのコンビがうまくいけば、波瑠は真のブレークを果たすことになるだろう。
(森田英雄)

これで大爆死となったら、大野担と一緒に笑っちゃお!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  7. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  8. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  13. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  16. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  17. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  18. 違法ギャンブル逮捕に狩野英孝が冷や汗
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー