デヴィ夫人に引き続き……

三村マサカズ、ベッキー騒動を「笑いに」!? 「ピントズレすぎ」「発想わからない」と大炎上

bekisan.jpg
ベッキーが一番笑えない事態だけど

 お笑いコンビ・さまぁ~ずの三村マサカズが31日、不倫報道で渦中にあるベッキーを擁護したが、その内容があまりにも一般人と“ズレている”として、ネット上で非難が噴出している。

 三村はベッキーが不倫相手であるゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音とのやりとりで使っていた「文春」を意味する「センテンススプリング」という造語を、Twitterに投稿。この三村のツイートを見たネットユーザーたちは戸惑い、三村に「大丈夫?」「酔ってるの?」と気遣うコメントを寄せたが、三村はさらに「もう、笑いにしてあげないと、仕打ちはうけてしまったのだから。先ほどの言葉。いいの。いいの。」「俺ね。女の子が苦しんでるの嫌なんだよな。男が全部しょい込めよと!なぜなら!絶対体力的に男のほうが強いから。」とベッキーの肩を持つツイートをしたのだ。

「三村の発言に疑問を抱くネットユーザーは多く、『テレビ共演者にとっていい子だからって、何をしても許されるわけではない』『一番の被害者、川谷の妻の気持ちを忘れるなよ』『ピントがズレてるな。まったく笑えないし、仕打ちとかいう問題ではないでしょ』『笑いにしてあげないとっていう発想がよくわからない』といった批判の声が噴出しています」(芸能記者)

 当初、宮根誠司や小倉智昭、たむらけんじなど、ベッキーを擁護していた芸能人も、そのほとんどが、会見前にベッキーと川谷が交わしたとされるLINEの内容が流出すると、否定派に転じている。

「ベッキーはもはや、芸能界で頼れる大物はほぼいないという状況なだけに、三村の発言には感謝しているかもしれません。しかし実は、三村もネット上で“価値観がおかしい”といわれている1人。バラエティ番組で、グラビアアイドルの胸を揉む公開セクハラして大炎上を起こしたのですが、Twitterでそのことを批判されると、『番組ちゃんと観てます?記事だけ見て言ってるんじゃないですか?あれはよくないことだけど共演者も喜んで現場は笑いになってます。あとセクハラではない。おさわり』と返し、さらに炎上したことも。こうした前科があるだけに、ネット上では、ベッキーだけでなく『三村はおかしい』という声も上がってしまっている状態です」(同)

 現在、各報道ではベッキーのレギュラー番組全10本の出演休止が発表されている。タレント生命が絶たれたと言っても過言ではない騒動に発展してしまったが、今後、ベッキーについて芸能人たちがどのようなコメントをするのか、気になるところだ。

デヴィ夫人、三村という援軍のショボさ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク