[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

KAT-TUN・田口淳之介、ジャニーズ退所で熊本へ!? 小嶺麗奈の地元で流れる“怪情報”

taguti_gomen.jpg
脱退をネタにしても、ファンはまだ笑えないよ……

 3月末にグループ脱退とジャニーズ事務所退所を控え、近頃では『KAT‐TUNの世界一タメになる旅!』(TBS系)など出演バラエティで退所をネタにイジられる機会が増えたKAT‐TUN・田口淳之介。退所を表明した当初、交際相手とされる小嶺麗奈の所属事務所は、田口の進退に関して、結婚や妊娠説を全て否定していたが(既報)、2人が結婚式場の予約を入れたという怪情報がささやかれていた熊本では、両者の関係は“公然の事実”となっているようだ。

 田口の退所に関しては、約8年も交際が伝えられていた小嶺が、何らかの形で関与しているものとみられていた。しかし両者とも、互いの名前については一切のノーコメントを貫いており、結果的にそれが「何かあるのでは」というファンの疑惑を後押ししていた。

「小嶺の所属事務所は、結婚や妊娠こそハッキリと否定していますが、交際継続に関しての返答は『わからない』と曖昧なものだった。これでは田口が『ジャニーズより小嶺を優先させた』と捉えられてもおかしくありません」(週刊誌記者)

 そんな状況下で、小嶺の生家がある熊本では、親族や親しい友人らの間で、こんなウワサが広まっているという。

「小嶺さんのご家族が病気で倒れてしまったので、近々小嶺さんは介護のため地元に帰ってくるという話です。もともと彼女は、お母さんと共同で事業を行っていて、今後は地元でビジネスを続けるそう。小嶺さんの家族いわく、田口さんもそこに参加するそうです」(現地のショップ経営者)

 すでにタレント活動はほとんど行っていない小嶺だけに、家族のため地元に戻るという選択肢はうなずける。しかし、田口に関しては「最初は小嶺さんが1人で帰ってくると聞いていましたが、田口さんは脱退表明後、こちらで一緒に住むことになったという話です」(同)といい、ジャニーズと田口が話し合う中で、何らかのトラブルが発生していたという可能性も浮上した。

 契約や事務所内での扱い、また方向性の違いなど、ジャニーズを去っていく者の理由はさまざまだが、恋人の帰郷について行くというのは前代未聞。これで遠距離恋愛は回避できたのかもしれないが、真相を知りたいファンのためにも、田口本人が脱退の理由や将来について話してくれることに期待したい。

こんな不吉な「ビジネス」って四文字、見たことない

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  11. 『カウコン』意外な舞台裏
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  17. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  18. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー