窪田正孝ファンも不満!?

斎藤工『火村英生の推理』視聴率連続1ケタ! 脱エロ路線失敗も「ベッド写真で話題作り」!?

1602_himura_01.jpg
『臨床犯罪学者 火村英生の推理』(日本テレビ系)公式サイトより

 1月31日、斎藤工主演の連続ドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』(日本テレビ系)第3話が放送され、平均視聴率が9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。

 有栖川有栖氏の「作家アリス(火村英生)」シリーズを原作にした『火村英生の推理』。斎藤が、大学准教授で臨床犯罪学者の火村英生役を、窪田が推理作家・有栖川有栖役を務めるほか、生瀬勝久、優香、マキタスポーツらが京都府警察本部の刑事、山本美月が火村の生徒、長谷川京子が過激派集団・シャングリラ十字軍の指導者・諸星沙奈江を演じるなど、豪華役者陣が集っている。

 そんな同ドラマの第3話では、ドラマで准教授役を演じて人気を博す俳優・志摩(飯田基祐)の誘拐事件が発生。火村は、志摩の妻・恵里香(西田尚美)が殺したと予想するも、死体が思いもよらぬ場所から発見されて……といったストーリーが展開された。終盤では、火村と諸星がついに接触を果たすなど盛り上がりを見せたが、視聴率は9.5%と、初回11.1%、第2話9.9%をさらに下回ってしまった。

「斎藤といえば、『昼顔 ~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)などでのセクシーな役柄でブレークし、多くの女性ファンを獲得してきました。しかし、15年4クールの主演ドラマ『医師たちの恋愛事情』(同)の全話平均視聴率は、8.4%と惨敗。また、篠原涼子扮する亜紀の彼氏役として出演した同年10月クールの『オトナ女子』(同)も8.71%と散々でした。そんな斎藤が、推理モノに挑戦し、“脱エロ路線”を図ると注目が集まっていたのが『火村英生の推理』ですが、第2話から1ケタ陥落とあって好評とは言えず。原作人気が高いので、『推理ドラマとしては見応えがある』と語る視聴者は少なくないのですが、いまひとつ人気に火がつきません」(芸能ライター)

 そんな中、斎藤は2月3日発売の「an・an」(マガジンハウス)で、AKB48・小嶋陽菜と「ホテルでの深夜の密」をテーマにしたベッド写真を公開するという。

「脱エロ路線を試みた斎藤ですが、結局は“セクシー頼み”で話題づくりをしています。『火村英生の推理』でも『脱ぐのでは?』と期待するファンも多いですが、このままセクシーキャラ一辺倒だと、俳優としての賞味期限切れは遠くないですよ」(同)

 一方、有栖川演じる窪田については「ドラマでの登場シーンが少ないため、ファンからは不満が漏れています。最初こそファンは『関西弁をしゃべる窪田が可愛い』と興奮していましたが、第3話ともなるとさすがに飽きてしまったのか、『あんまり活躍しないし、見なくていいかも』『これなら、ほかの役者でもよかったかも』といった声が広がっています」(同)という。

 視聴者の心をいまいちつかめずにいるように見える『火村英生の推理』。果たして斎藤の肌の露出シーンは増えるのだろうか? 今後の視聴率にも要注目だ。

服の上からでもフェロモンを感知できるのがファンってもんでしょ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  9. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  10. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  11. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  15. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  20. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに