その他
「J-GENERATION」レビュー

「J-GENE」3月号は、20ページ超で『ジャニーズカウントダウン2015-2016』を大特集!

J-gene1603-miini.jpg
「J-GENERATION」(鹿砦社)

 毎号、ジャニーズタレントの魅力がたっぷり詰まったジャニーズ専門誌「J-GENERATION」(鹿砦社)。2016年3月号の巻頭特集は、嵐が司会を務めた『ジャニーズカウントダウン2015-2016』のレポート。貴重なジャニーズのコラボレーションメドレーシーンを数多く掲載している。

 昨年の大みそかから今年の年明けにかけて行われた『カウコン』。今回はフジテレビ系での生中継が2年ぶりに復活し、司会の嵐をはじめTOKIO、関ジャニ∞、KAT-TUNらも参加。登場グループが多い上に、コラボメドレーやアンケート企画の「初夢2ショット」といった豪華な組み合わせによるパフォーマンスで会場やテレビの前のファンを盛り上げた。

 同誌では、嵐、タッキー&翼、Sexy Zone、Kis-My-Ft2、KAT-TUN、TOKIO、A.B.C-Z、NEWS、関ジャニ∞、KinKi Kidsのグループカットをお届け。普段はなかなか見られないKis-My-Ft2やKinKi Kids、嵐らが絡んだ「ジャニーズスペシャルコラボメドレー」「ジャニーズグループチェンジメドレー」、こちらも“お宝映像”になった「初夢2ショット」の写真をふんだんに掲載。「番外編」として登場した山下智久&KAT-TUN亀梨和也による「修二と彰」のページもあり、テレビとはまた違った角度で彼らの表情を楽しむことができる。20ページ超の大特集で、“茶の間組”となってしまったファンも臨場感を味わうことができる。

 続いての特集は、「ARASHI みんなで祝った相葉雅紀33歳のバースデーストーリー」。昨年12月24日に東京ドームで行われた『ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism』で、相葉の誕生日がお祝いされたスペシャルな公演の様子をまとめたもの。まずはケーキの前でポーズを決める5人のカットとともに、MCが始まってソワソワし始めたという相葉や、“おめでとううちわ”にまじって「おめでたまきん」との“珍うちわ”を発見したというエピソードなど、メンバーのトークも誌上レポート。ケーキの前に向かい合って座る相葉&大野智の微笑ましい写真、二宮和也が出演した映画『母と暮せば』(2015年)のマネをする相葉の姿のほか、メンバー1人ずつに焦点をあてた東京ドーム公演のハイライトも。メンバーからのバースデープレゼントにまつわるエピソード、エンディングで桜吹雪を掛け合う“わちゃわちゃ”カットなど、貴重なトーク&写真が盛りだくさん。

 「関ジャニ∞『関ジャニ∞元気の出るLIVE』at東京ドーム」という企画では、昨年12月17日の東京ドーム公演初日の模様を紹介。村上信五が活躍するKING feat.関ジャニ∞の「LOVE&KING」のパフォーマンス、ユニット曲の写真のほか、見開きで掲載されているソロページには7人個々の「MCピックアップ」も。ジャニーズアイドルらしい華やかな衣装から、バンドスタイルとさまざまな姿を見せてくれる7人だけに、それぞれのシーンによる表情の変化にも注目したい。

 また、今号の終盤にはSexy Zone(佐藤勝利・中島健人)、A.B.C-Z、内博貴、ジャニーズJr.が活躍し、昨年12月11日~今年1月27日まで上演された舞台『JOHNNYS’World』の特集「ソロショットたっぷり見せます! JOHNNYS’Worldフォトレポート」も。Sexy Zone、A.B.C-Z、内博貴のソロページの後は、Jr.内ユニットを紹介するページが組まれている。メイン出演者以外でも、今回の舞台で初お披露目されたJr.の新グループ・HiHi Jet、平野紫耀、永瀬廉、高橋海人によるMr.KING、Jr.内ユニットのSixTONES、Snow Manメンバーのファンは必見の特集だ。

 豪華なコンサート&舞台レポートで構成された「J-GENERATION」2016年3月号。さらには連載の「ジャニーズ基礎のキソ vol.21 ここに注目!ジャニーズ2016」「懐かしMCプレイバック!Vol.11 ジャニーズWEST」もあり、ジャニーズファンなら満足すること間違いなしの内容。永久保存版ともいえるこの1冊、じっくり読み込んでほしい。


■「J-GENERATION」3月号の詳細はこちら

カウコンでも光る、平家派の姿は必見!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク