好感度は抜群だけど……

東出昌大は“隠れ低視聴率俳優”!? 『ごちそうさん』以降パッとせず、「初主演ドラマも不安大」

higasidemasahiroprf.jpg
東出昌大公式プロフィールより

 昨年1月1日、杏と入籍し、今夏には第1子、第2子となる双子のパパとなることが明らかになっていた東出昌大が、ドラマ初主演を果たす。

 東出が主演を務めるのは、今春、日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』(金曜午後9時~)枠でオンエアされるスペシャルドラマ『さよならドビュッシー ~ピアニスト探偵 岬洋介~』。原作は、シリーズ累計93万部を超える中山七里氏の「岬洋介シリーズ」の第1作で、第8回「このミステリーがすごい!」大賞受賞作の『さよならドビュッシー』(宝島社)。2013年1月に橋本愛の主演で映画化されたが、テレビドラマ化は初となる。

 主人公・岬洋介(東出)は、優秀な検事だった過去を捨て、ピアニストとしての人生を選択しつつも、人並み外れた推理力を持つ探偵。ヒロインとなる真田遥(黒島結菜)は、不幸な火事に巻き込まれ、全身に大やけどを負ってしまうが、最愛の人との約束を果たすため、岬の指導のもと、ピアニストを目指すという役どころ。遥は次々と不可解な難事件に襲われ、岬が事件の陰に潜む哀しい真実に迫っていくストーリーが展開される。

 クランクインはまだだが、2人は撮影に向け、昨年10月からピアノのレッスンを続けているという。東出と黒島は、昨年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』に出演しているが、絡むことがなかったため、事実上初共演。ほかの主なキャストは、北大路欣也、武田真治、上白石萌歌、嶋田久作、金田明夫、半海一晃、木の実ナナ、菊池桃子、キムラ緑子らだという。

 東出は映画デビュー作となった『桐島、部活やめるってよ』(12年8月)で注目を集め、NHK朝ドラ『ごちそうさん』(13年度後期)で、主人公・め以子(杏)の夫役を演じブレーク。映画では、『クローズEXPLODE』(14年4月)、『アオハライド』(同年12月)、『GONIN サーガ』(15年9月)で主役を張ったが、今までドラマでの主演を務めたことはなかった。

 ドラマとなると、『ごちそうさん』以降、昨年は『花燃ゆ』(井上真央主演/全話平均視聴率12.0%=ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、『問題のあるレストラン』(フジテレビ系/真木よう子主演/同9.3%)、スペシャルドラマ『永遠のぼくら sea side blue』(日本テレビ系/有村架純主演/同8.0%)に出演したが、いずれも視聴率は振るわなかった。

 『ごちそうさん』でブレークはしたが、その後の出演ドラマがヒットせず、インパクトを残せていない東出。3月に放送開始で、3年にわたってオンエアされるNHKドラマ『放送90年大河ファンタジー 精霊の守り人』(綾瀬はるか主演)には、主要キャストでの出演も決まっているだけに、スペシャルながら初の主演ドラマとなる今作では、東出の真価が問われることになりそうだ。
(森田英雄)

いやぁ~、東出は相当濃いファンついてるよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 新春ジャニオタ放談
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 『カウコン』意外な舞台裏
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー