1位は破たん寸前の夫婦

周囲の反対に燃えたカップルも、あのやきもち焼きカップルも! 「今年離婚しそうなセレブ」ベスト5

 大物セレブの離婚が相次ぎ、世間を賑わせた2015年。本サイトで「2015年に離婚しそうなセレブ」1位と推測したジェニファー・ガーナー&ベン・アフレックは6月、2位としたグウェン・ステファニー&ギャヴィン・ロスデイルは8月に離婚することを発表。3位のジェイダ・ピンケット=スミス&ウィル・スミスと、4位のエレン・デジェネレス&ポーシャ・デ・ロッシは、1年を通して「離婚しそうだ」と報じられたが、年末に仲良くバケーションに繰り出し、夫婦円満をアピールした。

 5位のジュリア・ロバーツ&ダニエル・モダーは、9月に「自宅に引っ越し業者のトラックが横付けされている!」と目撃情報が飛び交い、10月には「もういつ離婚してもおかしくない!!」とタブロイドは大盛り上がり。しかし、直後に夫婦そろって外出し、パパラッチをチラチラ見ながら、熱烈なキス。15年も「子どものために別れなかった」と報じられた。

 さて、16年もマスコミにマークされてている「離婚しそうなセレブ」は数多くいる。その中のベスト5を紹介しよう。

■第5位 メアリー=ケイト・オルセン&オリヴィエ・サルコジ

 12年の交際発覚当時、オリヴィエは42歳、メアリー=ケイトは25歳で、年の差カップルとして大きな注目を集めた2人。メアリーの父は「ヤツの元カノも若かった。明らかにロリコンだ」と、交際に大反対した。オリヴィエの元妻も、2人がいちゃつく姿を見ては「グロテスクだ」と不快感をあらわにし、メアリーにアルコールや薬物依存の過去があるとされることから、「オリヴィエとの間にもうけた2人の子どもたちは、メアリーには絶対に会わせない」と宣言。

 交際中、「オリヴィエは酒や薬が大好きで、メアリーも引っ張られるように再び手を出し始めた」「メアリーの双子の姉・アシュレーは、オリヴィエが嫌いで、距離を置くようになった」と悪いウワサが絶えなかった2人。周囲に反対されるほど燃え上がり、昨年とうとうゴールイン。

 今のところ決定的な不仲説は流れていないが、2人の世界に酔いしれたまま夫婦生活に突入すると、急に冷めてスピード離婚するケースは多く、2人もそのケースに当てはまると見る向きも強い。実業家のメアリーは、婚前契約もしっかりと結んでいることだろうから、意外とあっさり離婚する可能性は大だ。

有名人が「卒論」を書くと、私たちは「ゲスの極み乙女」となっていろいろ勘ぐるの!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  2. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  3. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  4. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  5. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  6. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  7. 「オワコン女優」認定の3人は?
  8. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  9. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  10. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  11. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  12. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  13. 江角マキコのバックに超有能弁護士
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  16. 『DASH!!』にまたしてもヤラセ疑惑?
  17. “消えたAKB48”河西智美は今
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  20. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. 中居、「クソつまんねぇ」とポロリ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ