業界人が「理解不能」と大合唱

石坂浩二、『なんでも鑑定団』降板騒動! 業界最大手・尾木プロが仕掛ける“テレ東への報復”

2016kanteidan.jpg
『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京)公式サイトより

 22年間レギュラーMCとして出演した『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京)を、3月いっぱいで降板すると報じられている石坂浩二。局側は番組刷新を理由としているようだが、1月26日発売の「女性自身」(光文社)は、石坂と番組制作陣の知られざる確執をスクープしていた。収録現場での発言を編集時にほぼカットするという、まるでイジメのような仕打ちを約2年間も続けてきたと報じており、いまや世間からもテレ東に対して懐疑的な目が向けられているが……。

 同誌によると、石坂は島田紳助が番組を降板したあたりから、意図的に発言シーンをカットされるようになったそうだ。そのきっかけは、番組制作のA氏が責任者になったことで、同氏は石坂を降板に追い込むべく、こうした編集を繰り返してきたのだという。


「さらに同誌発売後、スポーツ各紙はこぞって石坂とテレ東の確執を報道。昨年9月には、テレ東や制作会社幹部らから、石坂に対し正式な降板通告が行われたものの、その際に石坂はギャラを減らしてでも続投したいと、話し合いは物別れに終わってしまったそうです」(テレビ局関係者)

 こうしたテレ東側の仕打ちについて、キー局の番組プロデューサーは首を傾げる。

「石坂側にどれだけ降板に足る理由があるのかはわかりませんが、制作側が嫌がらせのような編集を行うなんて話は、聞いたことがありません。局からすれば『お金を払って出ていただいている』というのが正確なところで、相手がデビューしたての若手ならまだしも、昨年から業界最大手・プロダクション尾木に所属する石坂相手にこの仕打ちとは、正直理解不能です」

 異常すぎるテレ東の手口だが、「もしかしたら石坂が大きな問題を起こしたため、番組から外したいという編成サイドの意向を汲み取り、制作が独断で嫌がらせしているという可能性もなくはありませんが……。いずれにせよ、普通の局や制作会社の感覚であれば、事態が世間に公になる前に対策を取るはずです」(同)。

 また、各報道に対して石坂の事務所は「コメントは差し控える」などと静観の姿勢だが、現在の状況こそが石坂の“復讐”ではないかとの見方も。

「テレ東は意図的な編集について完全に否定していますが、スポーツ各紙とも『発言シーンをカットされた』ことを断定的に書き並べている。局サイドが否定したにもかかわらず、これだけ『発言カット』を大きく書き連ねるということは、一連の情報元は石坂の事務所である可能性が高い。世間に『テレ東はおかしい』という空気を蔓延させることが、石坂サイドによる報復なのかもしれませんね」(芸能記者)

 石坂の後任は、すでに福澤朗アナウンサーに内定しているとの報道も出ている。最後の出演回、果たして石坂の発言はどれだけオンエアされるのか?

石坂浩二の運のなさそうな顔たるや

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “もう終わった”イケメン俳優3人
  10. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  15. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  4. マンガ『ヅャニーさん』34回
  5. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!