あれ、デジャブ……?

『真田丸』脚本を「つまらない」と一刀両断! アノ大物の“三谷節”批判で、現場大混乱!?

sanadamaru2016.jpg
『真田丸 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)』(NHK出版)

 初回19.9%、第2話20.1%と高視聴率でスタートしたNHK大河ドラマ『真田丸』。草刈正雄の好演とともに話題になっているのが、三谷幸喜氏の脚本だ。

「史実に忠実でありながら、その中に、クスリと笑える演出が随所に盛り込まれています。とりわけ、高畑淳子がコメディ要素で大活躍していて、顔芸やリアクション、わがままっぷりも面白く、視聴者からも高評価です。毎年同じ型にはまったものじゃつまらないですし、新しさを追求する姿勢は悪くない。この大河をきっかけに若者が歴史を好きになってくれればいいですね」(テレビ誌ライター)


 このまま視聴率も右肩上がりかと思いきや、24日放送の第3話は18.3%に急降下。一転、雲行きが怪しくなったのだ。

「ネット上では、『三谷ファン以外の視聴者からすれば苦痛』『大河らしい重厚感がない』といった声もあり、三谷脚本についていけない視聴者が第2話で脱落してしまったのかもしれない。しかし、爆死した前作の『花燃ゆ』に比べれば大成功といえる数字ですし、スタッフもこの路線に手応えを感じているようですね」(同)

 ところが、三谷脚本に待ったをかけている人物が、NHK内部にいるという。テレビ関係者が声を潜めて言う。

「ほかでもない、籾井勝人会長ですよ。籾井会長は2014年1月25日に会長就任。任期は3年ですから、『真田丸』は最後の大河ドラマになります。最近では、タクシー代の不正請求問題や不適切な土地購入計画など、NHKはスキャンダル続き。昨年末の『紅白歌合戦』も大コケしてしまったため、籾井会長としては、なにがなんでも『真田丸』を成功に収め、有終の美を飾りたいと思っている。オンエア前には、みずから事前チェックを行う熱の入れようだとか。しかし、籾井会長は三谷節がお嫌いなようで、コメディ部分に対して『つまらない』と言って、極力外すように指示しているといいます。スタッフは誰の言うことを聞いたらいいのかわからず、現場は大混乱に陥っているようです」

 第3話の視聴率急落の原因は、籾井会長の余計なチェックにあったのかもしれないが、果たして――?

親戚じゃなくてよかった~!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  14. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. ムショ飯はうまいのか?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!