ややグロ整形手術動画もUP、ちいめろの理想は「自然界にあり得ない顔」

 炎上上等で我を貫くブロガー・ちいめろ。かねてより自らのブログでは美容整形の実施を公表していた彼女だが、このたび整形手術動画を公開。およそ5年前におこなった初・整形は上まぶたの二重を埋没法にて形成するものだったが、この動画ではさらに目の全切開とタレ目形成と目尻切開の全貌を公開している。

 術後、そして抜糸後の皮膚はグロテスクでもあるが、わざわざこれを公開する意図は、これまでちいめろが一貫してブログやツイキャスで発信してきた情報と同じく「かわいくなるための情報共有」である。すっぴんからの化粧過程や、整形前後をすべて企業秘密にせず明かすことで、彼女は5万人のサポーター、10万人のフォロワーを得ている。

 ちいめろは目元の手術以降もその他パーツの美容整形を継続しており、昨年12月にはエラボトックスや、糸によるリフトアップ、さらにアゴ下に脂肪溶解注射を打ち小顔を手に入れた。今年1月にはアゴのヒアルロン酸と、涙袋のヒアルロン酸も注入。彼女はなぜ整形をするのか、そしてどこへ向かうのか?

◎ちょっと整形依存症入ってきてるんじゃないか

――動画を拝見しました。手術直後からケロッとしてましたね。

ちいめろ もともと痛みに強いほうなんですよ。

――陣痛も平気でした?

ちいめろ あ、ちいが人生で経験した中で一番痛かったのは陣痛。整形手術はそれよりは痛くない。手術中も、麻酔が切れてからも痛みは感じなかったです。術後は痛みどめの飲み薬ももらいましたし。でも初めての整形、5~6年前の埋没のときは痛すぎて病んで、3日間寝込みましたね~。初めてだったから恐怖心があったっていうのと、あと執刀医も大事。高須クリニック名古屋医院の高須幹弥先生に埋没をやり直してもらったときは全然痛くなかったし、腫れたりもしなくて、技術なのかなって思います。だからそれからはずっと、高須先生に全部お願いしてますね。でも目尻の抜糸だけは究極的に痛かった~。

――抜糸は麻酔なしですからね(笑)。でも手術自体が全然痛みを感じないというのは、驚きです。麻酔がききやすい体質なんでしょうか。

ちいめろ 施術後に、じーんとした痛さはありますよ。あ~痛いな~くらいの。でも生活に支障を来たさないし病まないし(笑)、気にならないレベルの痛み。

――埋没以降、鼻に関してはヒアルロン酸で鼻筋をつくったり、輪郭はエラボトしたりと、いろいろやられていますよね。今回UPしている動画は、目の全切開とタレ目形成と目尻切開ですが。目の手術以降は何をしましたか?

ちいめろ この動画以降にやったのは、昨年12月に二度目のエラボトと、糸によるリフトアップと、アゴの下に20本ぶんの脂肪溶解注射をして肉をキュッとさせて小顔に。さらにアゴのヒアルロン酸と、涙袋のヒアルロン酸を「昨日」入れました。

――えっ、もともと涙袋ありましたよね?

ちいめろ そう、あるんですよ、あるんですけど(笑)、最近もう狂ってきたのか、もっともっとって(笑)。ちょっと整形依存症入ってきてるんじゃないかって自覚があります。

――自覚あるんですね。

ちいめろ もっと大きな涙袋が欲しい! と思って、入れてきたんです。

――加速してるんですね。ガミースマイル(笑うと歯茎が出る)を修正する目的のボトックスも何度か打ち直してます?

ちいめろ 半年で効果が切れるので、半年ごとに打ってます。でも次に効果が切れるタイミングで、耳の軟骨を口元に移植する手術をしてガミースマイルを完璧に治したいと思ってるんです。前回のボトックス注射の時点で、本当はその手術を実施予定だったんですけど……ダウンタイムがあるので断念して先延ばしにしたんですよ。

――スケジュールの都合が合わなかった?

ちいめろ ちょうど子供たちの運動会とかイベントが多いシーズンで。ボトックスだったらすぐ効果が出るもののそんなに腫れるとかないしダウンタイムが必要ないので、じゃあ今回はまだ手術はいいか、って。でも、次に効果が切れるのが3月で……。

――ばたつく季節ですね。整形に適した季節っていつなんですかね?

ちいめろ 6月ぐらいかな? 夏もちょっとイヤですよね(笑)。

◎自然界ではあり得ない顔が理想

――鼻のヒアルロン酸は一回きりでリピしないんですか?

ちいめろ そうなんですよ。鼻をチュンッてお人形さんみたいにしたいんですね。だから本当は、プロテーゼを入れたほうがいい。でも固形物を入れるのって何か怖いじゃないですか。まだ子供も小さいので、いきなり顔面に頭がぶつかってきたりすることもあるので(笑)、怖いんですよ。で、先生に相談してヒアルロン酸を入れることにしたですけど、やっぱり液体だし身体に吸収されていくものなので、そこまで思い描いてた細いシュッとした鼻筋にならないんですよね。

――でも今こうやってお目にかかっていて、十分に鼻筋が細く見えるんですけども。

ちいめろ メイクですね! ノーズシャドウとか。

――そう、メイクものすごいお上手ですよね。すっぴんも公開されてますけど、素肌はソバカスとかわりとあるじゃないですか。でも今こうして対面していて、照明やPhotoshopなしで化粧だけで全部ソバカスが隠れている。すごいですね。

ちいめろ ありがとうございます~。

――ツイキャスでも、メイク動画は人気ですよね。

ちいめろ でもあれは残すのがいやで全部過去ログは削除してるんですよ。視聴者が見たいタイミングで見れちゃうのがいやなんで。アイシャドウを塗って涙袋のメイクしたぐらいの段階が、すっぴんよりブスなんですよ。アイライン足せばいきなり変わるけど。スクショ撮られたりするのもいやだし……リアルタイムでやっててもスクショ撮られたら終わりなんですけど。アンチもリアルタイムで見に来いっていうね(笑)。

――目は、一番いろいろと手をかけましたよね。仕上がりは気に入っていますか?

ちいめろ うーん……好きでこうしたんですけど、あのー、二重幅を、自然界ではあり得ないくらい広くしてもらったんですよ。だからやっぱり、すっぴんで目を開けたときにキレイな目ではないんですよね。まぶたが若干、目にかぶっちゃう。アイラインとつけまがないと、理想の仕上がりにはならない。でも、化粧を施した状態で「完璧!」って思える目にしたかったので、これでいいんです!(笑)

――二重幅を広く作りすぎて、すっぴん状態だと、まぶたが下がって黒目が少し隠れちゃうんですね。

ちいめろ そうなんです。一応、高須先生に相談したら、「二重幅を狭くして自然なアーチを描くようにすれば、すっぴんでもキレイになる。ただ君が求めてるのは、その広すぎる二重幅でしょ?」って。

――ナチュラルキレイなすっぴんを取るか、メイク後のお人形さんな仕上がりを取るか。で、ちいめろさんは後者を取ったわけですね。

ちいめろ そう、だから不自然上等☆

――「整形顔」が好きなんですもんね。

ちいめろ ですね。

――理想の顔って、誰ですか? ないですか?

ちいめろ 具体的に誰、ってのはないなあ……。明らかに整形やろ、ってバレバレの整形顔が理想。だって整形にもいろいろあって、それこそナチュラルにキレイに見せるやり方いっぱいあるわけじゃないですか。でもちいは、100人に聞いたら100人が「整形やん」って言う顔になりたい。お人形! お人形さんの顔って、不自然じゃないですか? 人間ではあり得ない顔ですよね。そういうのが理想なので、人間で特に誰みたいな顔になりたいっていう憧れはないですね。

――人形にもいろいろありますよね。たとえばバービー人形ひとつとっても、顔の種類っていっぱいありますし。日本のリカちゃん人形なんかは鼻が低くて目がめちゃくちゃ大きいし。お姫様系にしても、シンデレラと白雪姫の顔って全然雰囲気が違う。

ちいめろ フランス人形!!!!

――フランス人形の顔も様々だと思うんですよ。たとえばどういうのですか?(Googleで「フランス人形」を検索して出てきた画像群を見てもらいながら)

ちいめろ …………こういうの!

――これは球体関節人形ですね。目が大きくて黒目がち、鼻と唇が小さくアゴも小さいですね。確かに自然界の成人女性としてあり得ない顔です。

ちいめろ そうそう、口も小さくしたいと思ってるんですけど、でもバランスがすっごい崩れちゃったらそれもそれで変じゃないですか。バランスは大事なんですよね。ああ~顔もすっごい小さくしたいんですよね~……。

――顔、小さくなりましたよね? エラボトやあご下の脂肪溶解したからだと思いますが……。

ちいめろ それで横幅を狭めることはできたんですけど、縦も小さくしたいんですよね! それも先生に相談したら、アゴを切るかおでこを切るか、するしかないんですって。アゴを切って縮めるならもう美容外科じゃなくて口腔外科とか……でも、「もうやめときな」って先生には言われちゃいました。

◎前歯とプロテーゼは迷う

――歯の矯正は興味ないんですか?

ちいめろ あんまり考えてなかったんですけど、最近やろうかなって思い始めてます、矯正。ちいの前歯って立派じゃないですか。でもこれ、自分ではチャームポイントだと思ってるんですよ(笑)。よくイジられるんで。友達はみんな、ちいの顔真似するときに前歯をグッと前に出して「ちいめろ!」とか言ってくる(笑)。だから前歯はこのまま維持したいんですけど、でも、“横顔コンプレックス”があるんですよ。

――あ、わかります。前から見れば普通の顔だけど、横から見るとすごいブスっていう。

ちいめろ そうなんですよー、美しい横顔って、鼻・唇・アゴを結んで「Eライン」になるって言うじゃないですか? 日本人で完璧なEラインってそうそういないらしいんですけど。ちいは上の前歯が出てるので、口を閉じたときの顔を横からみると受け口みたいになっちゃっててそれがイヤなんですよね。だから上の歯を全体的に奥に引っ込めれば横顔キレイになるかな~、と。

――口をいじらずにEラインをつくるとしたら、鼻先を尖らせる手段もありますよね。

ちいめろ そう、鼻先はもう手術予定なんですよ! これもガミースマイル修正と同じで、耳の軟骨を移植して鼻先を尖らせるの。で、その手術をするときに、鼻にプロテを入れるか入れないか……これを迷ってるんです。ちいの周りで、鼻プロテ入れてるコは結構たくさんいるんですよ。だから体験談はいっぱい聞ける。メリットはもちろん、鼻筋がシュッとして鼻が高くなること。でもデメリットで、「鼻の整形してからイビキをかくようになった」ってコもいるし、「鼻が高すぎて、飲み物を飲むときにグラスが鼻にぶつかる」とか(笑)。あと、手術から4年も経ってるのに、手がパシッと鼻に当たるだけで「痛ッッ!!」みたいになるコも。そうなっちゃったらイヤだな……とか。迷いますね。

――4年経ってもちょっとした刺激で痛むとか不便すぎますね。横顔をキレイにするもうひとつの施策として、おでこを盛るってのはどうです?

ちいめろ おでこは今まで考えたことなかったですね。

――ちいめろさんの顔は、パーツの配置バランスはもともと整ってますよね。極端に主張するパーツがないですし。

ちいめろ えー、バランスは良くないと思ってるんですよ。特に、左目が右目よりもちっちゃいんです。この大きさのアンバランスは目尻切開(グラマラスライン形成)しても変わらない。だから左右で、つけまつげをつける位置も微妙に違う。

――完璧な左右対称って、それこそ逆に不自然ですからね。ちなみに一般女性のもっとも整形したい顔パーツ1位はダントツで「目」だそうです。

ちいめろ でしょうね。アイテープとかしてる子も多いし。でもアイプチとかテープだと、光っちゃったりとか、長時間つけてるとヨレるとかカブれるとか。だったら二重整形しちゃったほうが早いと思うんじゃないかな。

◎男ウケより理想の顔になりたい

――今のちいめろさんは、メイクテクでお肌の粗を完全に隠せていると思います。でもこれから先、年齢を重ねていくと、シミやシワやたるみなどが出てきて、今度はアンチエイジング系の美容整形にも興味が出てくるんじゃないかなと思うんですが。

ちいめろ うん、いつかそれも興味持つかもしれないですね。昔、皮膚科でホクロを取ったことがあるんですけど、そのときに目の下にあったそばかすみたいなものも気になったんで皮膚科の先生に「これってシミですかね?」ってきいたらその場で「あ、じゃあそれも取っておきましょー」ってサクッとやってくれたんですよ(笑)。だからシミとか気になるようになったら、たぶん普通にとりますね!

――やりたいからやる、って姿勢が一貫してますよね。ちいめろさんの整形もメイクも、とことん「自分のため」なんですよね。そこが女の子の支持を得るんじゃないかなと。実際、男ウケってどう思ってるんですか?

ちいめろ 男ウケは、めっちゃ悪いですよね(爆笑)。ちいのメイクに関しては男ウケめっちゃ悪いはずですよ。男の人って濃い化粧よりも薄い化粧を好む人が圧倒的に多いじゃないですか。目の下ラインもがっつり引いて、つけまバシバシつけてっていう「ちいのやりたいメイク」は、距離置かれますよね。でも男ウケは全然気にしない。男ウケよりも、自分の好きな顔になるほうが大事! それに99.9%、ちいを支持してくれるのは女の子だし。男の子でファンって言ってくれる人はいないんじゃないかな?(笑)

――昔からそうだったんですか?

ちいめろ そうですね。男ウケよりも、自分のやりたいことやりーの。でも、男友達はいっぱいいましたけどね。学生時代って、女の子はグループ作りがちじゃないですか。それでちょいちょい嫌がらせとか無視するとか、軽いイジメみたいのは発生するから、そういうのが面倒だなと思って。男友達は無視とかなくてラクだなと。

――今は「ママ友」っているんですか?

ちいめろ いますいます。小学校も保育園もどっちも。全然派手系じゃない普通のママたちと友達ですよ。話すのは基本的にみんな「子供のこと」だから、趣味がどうとかは関係ないじゃないですか。共通点は「同じ世代の子供がいる」ってことで繋がってるママたちなので。

――そこでは無視とか嫌がらせとか発生せず?

ちいめろ それは全然大丈夫です(笑)。でも、ひとことで「友達」っていっても、いろいろですよね。今って誰でも匿名でネットに情報をUPできちゃうじゃないですか。だから自分が信頼していろいろ打ち明ける相手は、ごくごく限られた本当に親しい友達だけにしてます。あんまり信頼できないなーって人は線を引くようにしてる。たとえば自分がプライベートで言った言葉がネットに載ってたとして、もし自分があちこちで同じ話を言いまくってたら、誰が載せたとかわかんないじゃないですか。だから限られた友達にしか大事なことは言わない。

――賢明だと思います。LINE画面とかUPされたりしますもんね。ところで、ちいめろさんがまつエクじゃなくて、敢えてつけまにしてるのはなぜですか?

ちいめろ まつエクは、結婚式のときにつけたっきり。それが最初で最後のまつエクなんですけど。まつエクってやっぱりつけまよりも見た目がキレイなイメージあって、せっかくの結婚式だからつけたいなと思ったんですね。でも……まつエクしたことありますか?

――あります、私も結婚式のときでした。

ちいめろ あれ、まつ毛に接着してる先っぽがツンツン目に入って痛かったり痒かったりしません?

――同じこと思ってました。

ちいめろ ですよね!? もちろん、上手な技術者さんがやれば違うのかもしれないんですけど。それで痛くて、式の一週間前につけたまつエクを、三日で抜いちゃいました。自分で。自まつもブチブチ抜けちゃうし最悪でした……。結局、式はつけまで。それにまつエクって、やっぱりつけまよりはボリュームが出ないんですよね。

――自まつに接着するものだから、そもそも自まつがフサフサじゃないとたくさんつけることができないですしね。

ちいめろ あと、まつエクをつけているときって、なるべく目元をこすっちゃいけないでしょ? オイルクレンジングも接着が弱くなっちゃうからNG。それがちいには無理でした。だって、オイルじゃないとこの濃厚アイライナー落ちないもん(笑)。

――総合的に判断して、つけま派ということですね。

ちいめろ ですね! まつエクは、すっぴんでもキレイに見えていいな~とは思うんですけどね。ちいはすっぴんだと「残念!」て感じだから。

――でも化粧を施した状態で「完璧!」になるよう計算してのすっぴんですから。

ちいめろ ねっ!

――では最後に。10年後くらいに、琉ちゃろや姫ちゃんが「整形したい」って言い出したらどうしますか?

ちいめろ いいよ、やりなーって言いますね。整形したいってことはもう、それを強いコンプレックスに感じてるってことじゃないですか。ちぃも小さい頃から顔中にたくさんホクロがあるのがコンプレックスですごくイヤで、高校入学したときに親に「ホクロとりたいんだ」と相談して、皮膚科に行かせてもらったんですね。だから子供がしたいって言ったら、いつでも。顔のパーツが成長途中の段階だったらちょっと待て、とは言いますけどね。小学生で鼻プロテ入れたいとか言い出したらさすがに(笑)。

■ちいめろ
国内最大級のママブログサービス「mama Decolog」(ママ デコログ)で執筆中の人気ママブロガー。 ブログの閲覧数は月間900万ページビュー。

ブログタイトル「7歳のホストくん 琉ちゃろ」

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  7. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  8. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  17. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  18. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?
  19. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  20. “意外すぎる”不倫常習犯タレント

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに