仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

中村昌也、「夫婦は合わせ鏡」という真実を教えてくれる“オレサマ”な一面

nakamura_160128.jpg
中村昌也オフィシャルサイトより

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「(そういう女子とは、次は)ないなって思います」中村昌也
『ダウンタウンDX』(日本テレビ系、1月21日放送)

 後出しじゃんけんのようで恐縮だが、矢口真里の元夫・中村昌也のことを「この人、ちょっとズレてんなぁ」と思ったのは、結婚会見の際の発言だった。「貧乏で泣かすことはあるかもだけど、浮気で泣かすことはない」という発言は、10倍以上といわれた矢口との収入格差を自虐したのだろうが、「浮気しない」のは、収入格差の有無にかかわらず、夫婦間の当然の“決め事”であって、ウリにするほどのことではない。中村にとって矢口との結婚は、知名度を上げるきっかけであり、矢口は妻であり一種の恩人なわけだが、浮気しないと宣言するあたり、案外“オレサマ”なタイプかもしれないという印象が残った。

 その後、「やっぱりこの人、ズレてる」と思ったのは『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)での発言だった。「アイドルの夫大集合!」スペシャルに呼ばれた中村は、「あいつ、全然料理作らない」と発言。矢口はある日突然料理を作るのをやめたそうだが、中村いわく「今、料理本を出しても、競合相手がたくさんいるから」という矢口のビジネス上の判断によるものだったと語っていた。

 もしかしたら、矢口の賢さを伝えたかったのかもしれないが、少なからぬ女性視聴者は「文句言ってないで、おまえが作れよ」と思ったはずである。バラエティ映えする、妻より夫が“下”の格差婚は、夫が卑屈になることなく、妻を褒め、家事も嫌がらずに引き受けるのが鉄則だが、中村の「妻に稼がせて、家のことも妻にやらせる」というスタイルは、その点から言って最悪である。実状は別として「こう発言したら、どう思われるか」という想像力がないあたりに、何とも言えない無神経さを感じずにいられない。

 その後、矢口の不倫騒動があり、2人は離婚に至った。自分の留守中に妻が別のオトコを連れ込み、そこに鉢合わせしたとされる中村は、“時の人”となった。世間は浮気をされたオトコ・中村に同情的で、見ようによっては大きなチャンスだった。けれど、中村はそのチャンスを生かし切れているとは言いがたい。それは離婚の経緯を話さないということもあるが(矢口が復帰会見で、これが離婚の際の取り決めであると発言した)、最大の原因は、中村の言動がオンナのイラつくツボを押すからではないだろうか。

松居一代と船越英一郎も合わせ鏡……!!??

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  15. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  16. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  19. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー