ビッチいわく「童貞と非童貞のセックスに、そこまで違いはない」

◎童貞の彼がキス以上のことをしてくれない。今後関係を進めていくにはどうすればいい?

<すこさん>21歳/独身女性

 私は最近同じ大学で同じゼミ活動をしている同級生と付き合うことになりました。

 しかし、彼は高校生の時に彼女がいたにも関わらず、キスもHもしたことのない童貞くんでした。一方、私は過去に3人とお付き合いしており、3人とも経験がある方でしたので、自分からキスやHへと持ちかけることがありませんでした。

 そして、今の彼と初めてキスした時に「慣れてる!」と言われてしまい、少しショックでした。「引かれたかな?」とも思いつつ、その後の彼を見ていると、キスしていちゃいちゃするのは好きみたいで安心した部分もありました。

 しかし、キスして抱き合ったり……まではいいのですが、それ以上は進みません。服は着たままで、胸や下半身を触ってくることもありません。「先に進みたいな」と思ってしまう私ですが、「自分からアクションを起こすと引かれるんじゃないか」とか「男としてのプライドもあるだろうし」など、さまざまな葛藤が私の中で繰り広げられています。

 やはり気長に彼からのアプローチを待ったほうが良いのでしょうか? 童貞くんとは、どのようにすれば上手く付き合い続けられるのでしょうか? どうかよろしくお願いします。

---------------------------------------

 童貞の彼との初セックスについてですね。すこさんに「彼とキス以上のことがしたい」という気持ちがあるのならば、それを素直に伝えてみるのはいかがでしょうか。その気持ちに対する彼の考え方を聞くことで、その後どうすればいいかが明確になります。

 もしかしたら彼はすこさんとの初セックスに向けていろいろと計画を練っている最中かもしれませんし、もしくはしたい気持ちはあってもどうすればいいのかわからず悶々としているかも。前者ならすこさんは楽しみにしておけばいいでしょうし、後者なら自ら率先してお泊まりの計画などを立てるのもいいと思います。彼と話をしていく中で、実はキス以上のスキンシップにはさほど興味を持っていないことがわかったり、消極的な場合もあるかもしれませんが……。いずれにせよ、彼の考えを聞いてみて損はありません。

 それと、彼が童貞であることはそんなに気にしなくていいと思います。それよりも彼がセックスに関して、またそれだけでなく金銭面や家族との関わりなど、人生の諸々についてどんな価値観を持っているのか、そしてそれはすこさんと合うものなのかどうかが、この先も順調にお付き合いできるかのカギになると思います。

 というのも、私はこのところめっきり童貞との縁がないのですが、過去の記憶を辿って考えると、童貞と非童貞のセックスってそこまで大差はないような気がするのです。

 そりゃ、童貞にとっては人生初・第一回目のセックスですから、多少のぎこちなさや緊張なんかはあると思いますが、事前にAVなどで勉強している確率が高いため(AVをそのままお手本にされるのもそれはそれで困るのですが)、こちらが終始手取り足取りでリードしなければいけないということもありませんし、「手マンの力加減が強すぎて痛い」「1分足らずでイッてしまう」なんてことは非童貞でもバンバンやらかします。なので、童貞のセックスが非童貞のそれと比べてものすごく劣っているかというと、そうでもないと思います。

 もちろん非童貞の中にはテクニシャンもいますが、それは元からセックスのポテンシャルが高い人であったり、研究と実践を重ねた努力家だったりと、ごく一部な存在ではないでしょうか。これは非童貞に対する批判ではなくて、童貞をそこまで特別視する必要はないと言いたいだけです。

 ただ、好きな彼の初体験の相手になれるってすごく嬉しいことではないですか? 逆に「いままで童貞でいてくれてありがとう!」という気持ちになりません? もしすこさんがそう感じていて、無事に彼との初体験を済ませた際には、ぜひ彼にそう伝えてください。ベッキーさんではありませんが、ポジティブな言葉を相手に伝えるってすごく大切だし、2人の信頼関係を強めることにもつながります。すこさんと彼がこれからも仲良く過ごせることを願っています☆

■Lollipop-Rumiko/通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク