SMAPは「死んだ」……守り続けた“虚像”崩壊の先に見えた「小物」っぷり

SMAPは「死んだ」……守り続けた“虚像”崩壊の先に見えた「小物」っぷり

 国民的アイドルグループ・SMAPの「解散・分裂騒動」に関する報道も、ここへきてわずかばかり落ち着いてきた。芸能界全体にとっても大きな出来事だけに、少しでも続報が入ればその度にマスコミが一斉に報じるのは間違いないが、18日の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)での「生謝罪」の時ほど盛り上がることは、そうないだろう。  SMAPが「国民的」ともいわれ、解散報道でここまで騒がれるようになったのは、各マスコミからも伝えられている通り、チーフマネジャーであった飯島三智氏を中心に「ドラマ・バラエティ」と、テレビコンテンツ全体に活路を見出したからこそ。アイドルであるSMAPがテレビのゴールデンタイムを席巻する時代は、現在まで20年前後続いている状況で、ドラマなどに出演しても一定の視聴率を獲得し続けるあたり、やはり特別な存在であったことに違いない。彼ら以外でこれほど長期にわたりテレビの中心であり続けたタレントは、ドリフとBIG3(タモリ・ビートたけし・明石家さんま)くらいしかすぐには思い浮かばない。  しかし、多くの記者や関係者からすれば、今回の分裂騒動によって、そして生謝罪出演によって、彼らのカリスマ性は完全に失われた、「死んだ」というのが一つの総意ということだ。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

SMAPは「死んだ」……守り続けた“虚像”崩壊の先に見えた「小物」っぷりのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 女性タレントの全裸セックス写真流出!?
  2. 女子アナ、全裸ベッド写真流出?
  3. 高橋一生、なぜアンチ急増してる?
  4. 芸能関係者が震えた“芸能人流出写真”
  5. 『24時間』ランナー未発表の裏事情
  6. 『過保護~』黒木瞳は視聴者人気最悪?
  7. 草なぎ、異例の「連載継続」発表
  8. 松本人志の筋肉にファン「加減しなよ」
  9. ビジュアル系バンドの物悲しい現在
  10. 中島健人『ここさけ』が大爆死!!
  11. 松居一代、ホリプロ&セブンとの対決
  12. 『未満都市』の視聴率に日テレ落胆
  13. 『ミになる図書館』打ち切れないワケ
  14. 芸能界激震させた「音声流出」事件
  15. 元極妻が語るセックスドラッグ裏話
  16. 熊谷容疑者、現役トップJr.とも接触
  17. 小原裕貴起用にテレビ界が冷やかなワケ
  18. 『コード・ブルー』第2話も古参ファン落胆?
  19. KinKi Kids『未満都市』が盗作炎上! 日テレは否定も「金は出す」「泣き出す」醜態!?
  20. フジ『セシルのもくろみ』がテレ東以下、月9は3年ぶり好記録! 7月期ドラマ初回ランク

ジャニーズの人気記事

  1. 芸能関係者が震えた“芸能人流出写真”
  2. 草なぎ、異例の「連載継続」発表
  3. 中島健人『ここさけ』が大爆死!!
  4. 『未満都市』の視聴率に日テレ落胆
  5. 『ミになる図書館』打ち切れないワケ

カルチャーの人気記事

  1. 法改正でも変わらない性被害者への視線
  2. 『風俗嬢のための護身術講座』に学ぶ
  3. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  4. 「山口敬之レイプ疑惑」に新事実も!?
  5. 『コード・ブルー』より厳しい救急現場

海外ゴシップの人気記事

  1. ビヨンセの産後の体重が注目の的
  2. 1Dハリーの新曲は誰との思い出?
  3. O・Jシンプソン 自慰で仮釈延長?
  4. J・ロペス、新恋人とのベッド写真!?
  5. R・ケリー、セックスカルト形成?