SMAPは「死んだ」……守り続けた“虚像”崩壊の先に見えた「小物」っぷり

SMAPは「死んだ」……守り続けた“虚像”崩壊の先に見えた「小物」っぷり

 国民的アイドルグループ・SMAPの「解散・分裂騒動」に関する報道も、ここへきてわずかばかり落ち着いてきた。芸能界全体にとっても大きな出来事だけに、少しでも続報が入ればその度にマスコミが一斉に報じるのは間違いないが、18日の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)での「生謝罪」の時ほど盛り上がることは、そうないだろう。  SMAPが「国民的」ともいわれ、解散報道でここまで騒がれるようになったのは、各マスコミからも伝えられている通り、チーフマネジャーであった飯島三智氏を中心に「ドラマ・バラエティ」と、テレビコンテンツ全体に活路を見出したからこそ。アイドルであるSMAPがテレビのゴールデンタイムを席巻する時代は、現在まで20年前後続いている状況で、ドラマなどに出演しても一定の視聴率を獲得し続けるあたり、やはり特別な存在であったことに違いない。彼ら以外でこれほど長期にわたりテレビの中心であり続けたタレントは、ドリフとBIG3(タモリ・ビートたけし・明石家さんま)くらいしかすぐには思い浮かばない。  しかし、多くの記者や関係者からすれば、今回の分裂騒動によって、そして生謝罪出演によって、彼らのカリスマ性は完全に失われた、「死んだ」というのが一つの総意ということだ。...

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

SMAPは「死んだ」……守り続けた“虚像”崩壊の先に見えた「小物」っぷりのページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 城島と国分の“好感度”格差
  2. さんま、嵐と共演で「松本は一番イヤ」
  3. YUKIの見た目年齢は「20代後半」
  4. 木村拓哉、“娘”タブーを解禁の焦り
  5. さくらまや「別人!?」と視聴者あ然
  6. 嵐・櫻井ドラマ、局内から反感
  7. ラブホ回でニヤつくA.B.C-Z
  8. 最も衝撃的だった嵐のスキャンダル
  9. ラルク、国立最終公演出演を危惧する声
  10. ラルク、「kenだけ孤立」のウワサ
  11. ビヨンセ、インスタと現実が別人レベル
  12. 芸能界の“オワコンママタレ3人衆”
  13. 嵐・相葉『貴族探偵』小ネタがウザい?
  14. 『貴族探偵』初回11.8%にフジ絶句!?
  15. ラルク20周年展をファンが批難
  16. 『フランケン~』二階堂ふみに「ウザい」の声
  17. 『櫻子さん』の観月に「演技が古くさい」
  18. 天海祐希、大爆死乗り越え復活
  19. 「オワコン女優」認定の3人は?
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 城島と国分の“好感度”格差
  2. さんま、嵐と共演で「松本は一番イヤ」
  3. 嵐・櫻井ドラマ、局内から反感
  4. ラブホ回でニヤつくA.B.C-Z
  5. 最も衝撃的だった嵐のスキャンダル

カルチャーの人気記事

  1. LGBTや内縁関係でも入れるお墓
  2. 「カワイイ」とちやほやされてきたお嬢様な私が、貧乏くっさ~い女に負けるなんてあり得ない!
  3. 「婦人公論」保奈美の新連載がヤバイ
  4. 「GINGER」突然の“モテ特集”が迷走
  5. 高島彩「Domani」で優等生発言

海外ゴシップの人気記事

  1. ビヨンセ、インスタと現実が別人レベル
  2. メル・B、離婚申請した夫に3Pを強要された
  3. G・パルトローのサイトでセックス特集
  4. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参
  5. ケイト・アプトン、爆乳がこぼれんばかり