「暗い」の声噴出!

有村架純月9『いつかこの恋~』、第2話で1ケタ陥落! 疑惑の“放射能科”表記で炎上も

1601_ituka01.jpg
『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)公式サイトより

 1月25日、有村架純&高良健吾W主演の月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)第2話が放送され、視聴率が9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。

 有村・高良ほか、高畑充希、AAA・西島隆弘、森川葵、坂口健太郎と、主要キャストを若手で固めた『いつかこの恋~』。『東京ラブストーリー』(同)をはじめ、多くのフジドラマの脚本を手掛けてきた坂元裕二氏が、「これが自分にとって、最後の月9ラブストーリー」と臨む意欲作だ。しかし、初回11.6%で始まった視聴率は、第2話にして早くも1ケタ台へと落ち込んでしまった。

「初回放送が、SMAP解散騒動の生謝罪が行われた『SMAP×SMAP』の前でありながら、11.6%と振るわなかったこともあり、第2話の落ち込みに驚く声は上がっていません。第2話の視聴率が発表されても、『だろうな』『この内容で9%支持されているなら上出来』『初回が2ケタだったのは、SMAPのおかげ』といった声ばかり。支持されない理由について、ネットでは『雰囲気が暗い』『野島伸司のドラマみたいだし、月曜日から見たくない』と、全体的な暗さを指摘する声が目立っています」(芸能ライター)

またネット上では、初回の病院シーンに映り込んだある言葉で、大ブーイングが巻き起こってしまった。

「有村扮する杉原音が病院を訪れたシーンで、“放射能科”なる場所が一瞬映り込んだんです。レントゲンなどを用いる“放射線科”は病院にもありますが、“放射能科”は聞いたことがありませんし、『東日本大震災による原発事故を揶揄しているのか』『フジは一体何をしてるの?』などと批判が相次ぎました。こうした悪評が、視聴者離れを加速させる可能性もありますよ」(同)

 頼みの綱であるはずの月9が批判にさらされてしまったフジ。ネット上では“放射能科”と“視聴率1ケタ”というネガティブな話題が取り沙汰されたことから、「いつかこのドラマを思い出してきっと泣いてしまう」とまで言われている始末。今後視聴率を回復させ、こうした声を覆すドラマになれるだろうか?

一番ディスられてるのは野島伸司なんじゃないか説

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. キャラ変え好調の乙武洋匡
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  16. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  17. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決