「俺、コンドーム着けると萎える」という男はどうすればいい?  泌尿器科医と考える包茎と避妊、そして性教育

「コンドームは、正しく着けましょう」「じゃないと、望まない妊娠も感染症も防げなくなりますよ」とはよく聞くものの、コンドームの構造はとてもシンプル。先端のぷくっと膨らんだ〈精液だめ〉の空気を抜きながら装着するぐらいは知っているけど、そう失敗するものではないのでは……? 

「コンドームはシンプルでも、ペニスはそうではありません。日本人の多くは包茎ですから、ペニスの準備をしてからコンドームをかぶせる。このステップを省いてしまうと、セックスの最中に脱落したり破けたりします」

 そう教えてくれるのは、神奈川県・厚木市立病院泌尿器科の岩室紳也先生。YouTubeで「コンドームの正しい着け方」を配信し、これまでの通算再生回数は600万以上。AIDSの予防を啓発し、青少年を安全で愉しいセックスライフに導くべく、全国各地の中学校・高校・大学での講演に飛び回るうち、いつしか〈コンドームの達人〉と呼ばれるようになりました。

――包茎とそうでない場合とでは、コンドームの着け方が違うんですね。

岩室紳也先生(以下、岩)「コンドームは『着けりゃいい』ってものではないんですよ。欧米では割礼の習慣があって、勃ったら皮が余らないので、そのままかぶせてストンと下ろせばいい。着け方を説明するにもバナナにかぶせれば十分伝わりますが、日本人にはそれだけではダメです。

 1 皮を全部むいて、亀頭部を露出させる
 2 アンダーヘアを整え、巻き込まないようにする
 3 包皮を片手で抑えながら、もう片手でコンドームを下ろす
 4 コンドームを少し戻して余った皮を露出させ、その皮とヘアをもう一度整えてから、あらためてコンドームを根本までゆっくり下ろす

これだけのステップが欠かせません。女性のみなさんにもまずパートナーが包茎かどうか、こうしてコンドームを着けているかどうか、一度チェックしたほうがいいですよ。合言葉は、『かぶれば包茎、むければOK!』です(笑)」

◎包茎って女性に関係あるの?

――仮性包茎であれば、特に問題はないと思っていたのですが……。

岩「実は包茎の定義というのは、ないに等しいんです。無理やり引っぱっても亀頭が顔を出さない=真性包茎、に異論がある人はいないでしょうが、仮性となると解釈がさまざまです。でも大事なのはそこではなく、皮をむいて洗っているかどうかということ。ただ石けんをつけて流すだけでは不十分。スポンジでゴシゴシ洗います。傷つけそうでコワイという声も聞きますが、何も血だらけになるわけじゃなし(笑)。これでがんが防げると知ったら、男性は今夜からでもそうやって洗いたくなるはずですよね。がんというのは陰茎がんで、真性包茎の人がほとんどです。ヒトパピローマウイルス(HPV)などによってもたらされる病気ですが、これを洗い落とせばリスクは減らせます。HPVは女性にもたらす影響が大きいですよね」

――はい、子宮頸がんの原因となります。

岩「男性からHPVをもらって、女性ががんになる。子宮頸がんというとワクチンが取り沙汰されていますが、男の子たちにペニスの洗い方を習得させるのは、いますぐ手軽にできる予防法なのでもっと注目してほしいですね。ただ、セックスの直前に洗ったところで100%落ちるわけではないから、やはりコンドームは必須です。HPVに感染してから約10年後に子宮頸がんを発症するケースが多いといわれますが、15~19歳の妊娠人工中絶のグラフと、その世代が25~29歳になったときの子宮頸がん罹患率のグラフとを、重ねてみると傾向がほぼ一致します」

――女性にとっても、パートナーの包茎は他人事じゃないということですね。ただ、「相手の心と身体を思いやってコンドームを着けましょう」といったところで、男性にはぜんぜん響かない、という実感があります

岩「そんなことを考えてセックスしている男なんていませんよ!(苦笑) それどころか、『俺、コンドーム着けると萎えちゃうから』といいませんか?」

――あれ、最低ですよねぇ。「俺を愛しているなら、俺の快楽のために、望まない妊娠と感染症のリスクにさらされろ」といっているも同然。もはや脅しです。

岩「そうはいっても、日本は先進国のなかでコンドームの使用率は高いんです。なぜかというと、買いやすいから。平均収入に対するコンドームの価格は、とても低いです。ただ、いまはコンドームを着けなきゃという意識がどんどん下がりつつあるように見えます。それもこれも、男が『萎える』からですが、これは彼らにとっては動かしがたい事実なんです。セックスにおける男のいちばんの目的は射精ですが、次が征服欲を満たすことです。コンドームはそれを阻害するもの。『相手を思いやる』というのも、征服欲の対局にあるものなので、男たちの欲望そのものが抑えられるんですよ」

◎着けない男に、着けさせるには?

――では、男性にコンドームを着けさせるにはどうすればいいのでしょう?

岩「『子どもができたら、あなたの責任よ。結婚できるの? 子どもを養っていけるの?』といえば響く男性もいます。僕自身も、結婚前には『いま彼女を妊娠させても、責任はとれない。国家試験どころじゃなくなるし、俺の人生が大きく変わる』と考えて、慎重に行動していました。彼女のためじゃなく、あくまで自分のため。ここまで考えるには高度な想像力が必要ですが、いま若者たちの先を読む力、考える力が落ちています。俺の快感が満たされるというストーリーは頭で描けても、それによって女性が妊娠しするというストーリーは描けない」

――それは、学校の性教育などでフォローできるものではないのですか?

岩「これはもう性だけの問題ではありません。文科省は性教育に力を入れていて、20年前と比べると格段に進化しています。教科書にはコンドームの写真が載っているし、指導要領も充実している。けれど、僕は全国の学校に講演に呼ばれるとそういった内容に触れず、まず教員に対して『性の云々を教えるのではなく、子どもたちの考える力を育んでください』とお願いします。僕は〈カーリング子育て〉と名づけたのですが、カーリング競技のように子どもが進む先の障害物を払い除き、思いどおりのところにピタッと進ませようとすると、子どもは何も考えられなくなります。そういう子たちに、『女性の心身が傷ついたら』『俺が父親になったら』という想像をしろといっても無理ですよ。考えるためには、友だちを作る力、コミュニケーションをとる力を、まず育まなければ。もともとセックスやコンドームは先生たちにとって教えづらいことなんです。そこは、僕が説明します」

――学校では、その前の段階を教えるということですね。

岩「人は経験にしか学べません。知識はあっても、自分で経験しないとほんとうに知ったことにはならない。セックスしたらHIVをもらうかもしれない、彼女が妊娠するかもしれない。全部、対岸の火事です。でも、親しい友だちにそういうことが起きたら、それを機に想像できるようになったら、やっと自分のこととして考えられるようになります。特に友だちとのコミュニケーションは大事ですよ。僕の講演を聴いたりYouTubeを見たりして、みんなでネタにしてワイワイ話してくれればいいんです」

――想像力が育まれずおとなになった男性とセックスする場合、結局、コンドームを着けさせる方法はない、ということでしょうか?

岩「男性に期待するよりも、自分から着けちゃう女性になるほうが確実ですよね。そこで男性を萎えさせてしまうとセックス自体もできなくなりますから、工夫が必要です。たとえば、フェラ中にさりげなく着けてしまう。フェラとは男性にとって征服欲を大いに刺激されるものなので、それで悦に浸っているうちに、ハッと気づけばコンドームがかぶせられている、とかね」

――「そこまで女性がしてあげなきゃいけないの!?」という気がしなくもないです(苦笑)。

岩「その気持ちもわかります。でも、大切なパートナーに気持ちよくなってもらいたい、サービスしたいと思うのもまた、本能ですよね。その気持ちに乗っかって、コンドームを着けてしまえば自分も安心。そういう考え方ができる女性のほうが、賢いのではないでしょうか。……コンドームを着けられたことを不快に感じて、その場でハズしちゃう男がいたら? それはもうつき合う価値がないでしょう。別れたほうが賢明です」

 セックスというとパーソナルな問題ととらえられがちだけど、性は社会そのものです、と岩室先生。恋人、夫婦、はたまたセフレといっても、人と人とが関わるかぎり、そこには社会が生まれます。ベッドのうえでどうクレバーに振る舞えるか、まずは女性から社会人としてのあり方を身につけていったほうがよさそうです。

(三浦ゆえ)

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  5. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  13. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  14. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  15. キャラ変え好調の乙武洋匡
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー