『哲学用語図鑑』著者・田中正人さんインタビュー

スピリチュアル嫌い必見! 10万部ヒットの哲学書著者が語る、日常に使える哲学

tanaka3.jpg

――本著では紀元前から、戦後、現代の存命する哲学者まで紹介されています。現代の哲学者を見るとユダヤ系が多く、第二次世界大戦のユダヤ人迫害で壮絶な経験をした哲学者も少なくないですね。

田中 哲学は、第二次世界大戦で大きく変わりました。それまではプラトンの「人間の間には共通の何かがあるはずだ」という考えが前提となっていますが、今は「差異を差異として受け止める」考えに移っているようです。いわゆる「ポストモダン」という言葉も大戦後に生まれました。

■「婚活」「出世」のヒントにもなる

――哲学は、生活にどう役立つのでしょうか?

田中 哲学の中には、先人たちが考え抜いたいくつもの思考、考え方のパターンがあります。「婚活」「出世」「家庭の悩み」それぞれのジャンルにおいて、何かしらヒントになるような考え方が見つかるかと思います。例えば本著でも紹介した「万物は流転する」(ヘラクレイトス)という言葉がありますが、自分自身も含め、すべては変化しています。そのため、「これさえかなえば」という考えでいると、いざそれがかなったところで、思ったほど満たされないという状況にもなりかねません。

――結婚できれば、彼氏ができれば、お金があれば、などさまざまなバリエーションがありそうです。

田中 たった1つの「これさえあれば」ではなく、様々なことに興味を持つ必要があると思います。そうすると、1つがダメでも、もう1つにチャレンジできます。

 また、情報過多で、すぐに使える単発的な答えを探しがちな傾向が強まる中、哲学を通じ、思考や考え方のバリエーションを増やしていけば、世界情勢や芸能スキャンダルを見ても「ムカつく、好きだ、嫌いだ」などの感情的な反応ではなく、もっと俯瞰的に、構造的に物事を見ることができると思います。

――今まで哲学書をまったく読まなかった人が『哲学用語図鑑』を通じ、もっと哲学を知りたいと思ったとき、次はどうすればいいでしょうか?

田中 この本の次にいきなり原書となると、だいぶハードルが高いかと思います。過去からの流れが大切な学問なので、哲学史の本を読むことがおすすめですね。また、気に入った哲学者が見つかった場合は、その哲学者の名前に「入門」といった言葉が入っているような本から入っていくとスムーズだと思います。

(石徹白未亜)

●田中正人
1970年生まれ。デザイナー。ロンドン芸術大学ロンドンカレッジ・オブ・コミュニケーション卒業。(株)モーニングガーデン代表。グラフィックデザインを中心に、書籍の企画、製作を行っている。2011年グッドデザイン賞受賞。著書に『哲学用語図鑑』(プレジデント社)。

ベッキーにもおすすめ!

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

スピリチュアル嫌い必見! 10万部ヒットの哲学書著者が語る、日常に使える哲学のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビューカントスピリチュアルニーチェ哲学のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 女性タレントの全裸セックス写真流出!?
  2. 20年前の手記にもあった松居一代の執念
  3. 今井絵理子、芸能人感覚でスキャンダル
  4. 女子アナ、全裸ベッド写真流出?
  5. 今井絵理子、永田町のリアルな評価
  6. 『24時間』ランナー未発表の裏事情
  7. 高橋一生、なぜアンチ急増してる?
  8. 『黒革の手帖』視聴者萎えさせるナゾ演出
  9. 三遊亭円楽に見る売れっ子芸能人のズレ
  10. 「CLASSY.」オススメ“40歳婚”の正体
  11. 不倫後“売名”で脱いだタレントの末路
  12. 『24時間』ランナー最有力候補は?
  13. 今井絵理子は“ウェイトレス議員”!?
  14. 熊谷容疑者、現役トップJr.とも接触
  15. 観月あこは、錦織圭のカネ狙い?
  16. 芸能関係者が震えた“芸能人流出写真”
  17. 藤原紀香、歌舞伎ファンからツッコミ
  18. ディーン7月期初の民放連ドラ主演
  19. 西川史子「松居動画で犬が吐く」
  20. 『やすらぎの郷』倉本聰が「震災忘れるな」

ジャニーズの人気記事

  1. 熊谷容疑者、現役トップJr.とも接触
  2. 芸能関係者が震えた“芸能人流出写真”
  3. 中島健人『ここさけ』が大爆死!!
  4. 『ミになる図書館』打ち切れないワケ
  5. 草なぎ、異例の「連載継続」発表

カルチャーの人気記事

  1. 脇坂英理子、執行猶予中の今を直撃!
  2. 「CLASSY.」オススメ“40歳婚”の正体
  3. 今井絵理子、不倫の慰謝料は300万円?
  4. ボスママからとんでもない屈辱
  5. 坂口杏里が女医と奪い合ったホスト

海外ゴシップの人気記事

  1. 1Dハリーの新曲は誰との思い出?
  2. かわいすぎるアギレラJr.
  3. ビヨンセの産後の体重が注目の的
  4. O・Jシンプソン 自慰で仮釈延長?
  5. R・ケリー、セックスカルト形成?