『哲学用語図鑑』著者・田中正人さんインタビュー

スピリチュアル嫌い必見! 10万部ヒットの哲学書著者が語る、日常に使える哲学

tanaka3.jpg

――本著では紀元前から、戦後、現代の存命する哲学者まで紹介されています。現代の哲学者を見るとユダヤ系が多く、第二次世界大戦のユダヤ人迫害で壮絶な経験をした哲学者も少なくないですね。

田中 哲学は、第二次世界大戦で大きく変わりました。それまではプラトンの「人間の間には共通の何かがあるはずだ」という考えが前提となっていますが、今は「差異を差異として受け止める」考えに移っているようです。いわゆる「ポストモダン」という言葉も大戦後に生まれました。

■「婚活」「出世」のヒントにもなる

――哲学は、生活にどう役立つのでしょうか?

田中 哲学の中には、先人たちが考え抜いたいくつもの思考、考え方のパターンがあります。「婚活」「出世」「家庭の悩み」それぞれのジャンルにおいて、何かしらヒントになるような考え方が見つかるかと思います。例えば本著でも紹介した「万物は流転する」(ヘラクレイトス)という言葉がありますが、自分自身も含め、すべては変化しています。そのため、「これさえかなえば」という考えでいると、いざそれがかなったところで、思ったほど満たされないという状況にもなりかねません。

――結婚できれば、彼氏ができれば、お金があれば、などさまざまなバリエーションがありそうです。

田中 たった1つの「これさえあれば」ではなく、様々なことに興味を持つ必要があると思います。そうすると、1つがダメでも、もう1つにチャレンジできます。

 また、情報過多で、すぐに使える単発的な答えを探しがちな傾向が強まる中、哲学を通じ、思考や考え方のバリエーションを増やしていけば、世界情勢や芸能スキャンダルを見ても「ムカつく、好きだ、嫌いだ」などの感情的な反応ではなく、もっと俯瞰的に、構造的に物事を見ることができると思います。

――今まで哲学書をまったく読まなかった人が『哲学用語図鑑』を通じ、もっと哲学を知りたいと思ったとき、次はどうすればいいでしょうか?

田中 この本の次にいきなり原書となると、だいぶハードルが高いかと思います。過去からの流れが大切な学問なので、哲学史の本を読むことがおすすめですね。また、気に入った哲学者が見つかった場合は、その哲学者の名前に「入門」といった言葉が入っているような本から入っていくとスムーズだと思います。

(石徹白未亜)

●田中正人
1970年生まれ。デザイナー。ロンドン芸術大学ロンドンカレッジ・オブ・コミュニケーション卒業。(株)モーニングガーデン代表。グラフィックデザインを中心に、書籍の企画、製作を行っている。2011年グッドデザイン賞受賞。著書に『哲学用語図鑑』(プレジデント社)。

ベッキーにもおすすめ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

スピリチュアル嫌い必見! 10万部ヒットの哲学書著者が語る、日常に使える哲学のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! インタビュー・カント・スピリチュアル・ニーチェ・哲学のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 城島と国分の“好感度”格差
  2. さんま、嵐と共演で「松本は一番イヤ」
  3. 木村拓哉、“娘”タブーを解禁の焦り
  4. YUKIの見た目年齢は「20代後半」
  5. 嵐・櫻井ドラマ、局内から反感
  6. ラブホ回でニヤつくA.B.C-Z
  7. ラルク、国立最終公演出演を危惧する声
  8. さくらまや「別人!?」と視聴者あ然
  9. ラルク、「kenだけ孤立」のウワサ
  10. 最も衝撃的だった嵐のスキャンダル
  11. 嵐・相葉『貴族探偵』小ネタがウザい?
  12. ビヨンセ、インスタと現実が別人レベル
  13. 芸能界の“オワコンママタレ3人衆”
  14. ラルク20周年展をファンが批難
  15. 『貴族探偵』初回11.8%にフジ絶句!?
  16. 『フランケン~』二階堂ふみに「ウザい」の声
  17. 『櫻子さん』の観月に「演技が古くさい」
  18. 天海祐希、大爆死乗り越え復活
  19. GLAY・TERU、劣化&老化の衝撃画像
  20. 「オワコン女優」認定の3人は?

ジャニーズの人気記事

  1. 城島と国分の“好感度”格差
  2. さんま、嵐と共演で「松本は一番イヤ」
  3. 嵐・櫻井ドラマ、局内から反感
  4. ラブホ回でニヤつくA.B.C-Z
  5. 最も衝撃的だった嵐のスキャンダル

カルチャーの人気記事

  1. LGBTや内縁関係でも入れるお墓
  2. 「カワイイ」とちやほやされてきたお嬢様な私が、貧乏くっさ~い女に負けるなんてあり得ない!
  3. 「婦人公論」保奈美の新連載がヤバイ
  4. 「GINGER」突然の“モテ特集”が迷走
  5. 高島彩「Domani」で優等生発言

海外ゴシップの人気記事

  1. ビヨンセ、インスタと現実が別人レベル
  2. メル・B、離婚申請した夫に3Pを強要された
  3. G・パルトローのサイトでセックス特集
  4. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参
  5. ケイト・アプトン、爆乳がこぼれんばかり