【うわさの会見場から】

ベッキーと不倫報道のゲス乙女・川谷、“小声”謝罪に「声拾えない」とマスコミ激怒!

2016gesukiwa.jpg
ゲスの極み乙女。オフィシャルサイトより

 SMAP解散騒動で一瞬、沈静化したかに思われたベッキーとゲスの極み乙女。のボーカル川谷絵音の不倫騒動。しかし、21日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、2人の新たなLINEのやりとりが報じられたことで、再び批判にさらされてしまった。その川谷は17日、代々木公園で行った新アルバム『両成敗』の発売記念フリーライブで、集まったファンに初めて謝罪。ベッキーの謝罪会見から11日目、やっと実行された謝罪だったが、報道陣への印象は最悪だったという。

「主催側は、『取材の呼び込みはしていない』の一点張りで、会場敷地内には入ることができず、少し離れた場所から隠し撮りのような形で撮影するしかありませんでした。冒頭で川谷は、『ご迷惑、ご心配をおかけして申し訳ございません』『これからもいい音楽を作って皆さんにお届けしていくので、これからもよろしくお願いします』と謝罪しましたが、マスコミに声を拾われないためか、超小声で、しかも早口。マイクを通していても、ファンの歓声に紛れてほとんど聞こえないボリュームでした。本人は応援してくれているファンにだけ謝罪が届けばいいと思っていたのかもしれませんが、あれでは約1万人集まったファンにも聞こえたのかどうか疑問です。マスコミ関係者の間では『全然、反省してない』『川谷はなめてる』といった怒りの声も出ていました」(ワイドショースタッフ)

 小声謝罪は、報道陣だけでなく、一部ファンへの印象も悪くしたようだ。

「謝罪が届かなかった様子のファンからは、時折『ベッキー!』『エリちゃ~ん(ベッキーの本名)』とヤジが飛んでいました。終演後、アンコールの声が続いているにもかかわらず、ステージを降りるとすぐにワゴンに乗り込み、逃げるように去っていく様子には『ゲスの極みだな!』という罵声まで。朝早くから並んでいたファンたちは皆残念そうで、騒動の核心についての説明がなかったことも不満そうでした」(同)

 前述の「文春」では、2人が報道によって関係が「オフィシャルになる」と捉え、「ありがとう文春」「センテンススプリング」と喜び合う様子が明らかになった。

「実はまったく懲りていないことが世間に知れ渡ったいま、2人の謝罪は水の泡となりました。マスコミとスポンサーを一室に集めて、用意してきた謝罪文を朗読しただけだったといわれるベッキーと、マスコミを完全シャットアウトし、ファンにも聞こえないほどの小さい声でボソボソ謝罪した川谷。対照的ですが、どちらも結果的に失敗ですね」(同)

 新たに流出したLINEの内容について、「説明してほしい」という世間の声も高まっている。幕引きは、まだまだ先になりそうだ。

今のゲス川谷は、ベッキーにポジティブさを吸収された抜け殻

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 新春ジャニオタ放談
  15. “消えたAKB48”河西智美は今
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー