視聴率女王がまさか……!!

綾瀬はるか『わたしを離さないで』今期ワーストで激震も……映画界では“爆死女王”だった!?

1601_watashi_01.jpg
『わたしを離さないで』(TBS系)公式サイトより

 1月15日より放送開始となった、綾瀬はるか主演『わたしを離さないで』(TBS系)。第1話平均視聴率が6.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、1月期の連続ドラマ(午後8~10時台)で、ワースト1位となってしまった。早くも“大爆死”と騒がれているが、巻き返しは不可能なのだろうか?

「綾瀬といえば、業界内外問わず、“視聴率女王”と名を馳せてきました。実際、ここ数年の主演ドラマの全話平均視聴率を見ても、『ホタルノヒカリ』(2007年)13.6%、『ホタルノヒカリ2』(10年)15.4%、『きょうは会社休みます。』(14年、いずれも日本テレビ系)16.0%となっていますし、ヒロインとして出演した『JIN ‐仁‐』(TBS系)も第1期(09年)19.0%、第2期(11年)21.3%と高視聴率をマークしています。それだけに、『わたしを離さないで』の初回視聴率に驚く声は多いですが、一番驚いているのは、恐らくTBSで間違いないでしょうね。綾瀬を起用し、脚本は『JIN‐仁‐』の森下佳子氏だけに、かなり気合を入れた作品だったはずです」(芸能記者)

 ただし、NHK大河ドラマ『八重の桜』(13)は平均視聴率14.6%と、大河としては振るったといえないが、数字だけ見れば『わたしを離さないで』よりはるかにましだ。綾瀬主演作の数字の急落は、今に始まった話なのだろうか?

「『わたしを離さないで』で露呈した感は否めませんが、映画では数年前から綾瀬主演作は大コケ続きです。原作誕生50周年記念となる12年公開の『映画 ひみつのアッコちゃん』(全国217スクリーン)は興収6億円、『リアル ~完全なる首長竜の日~』(13年、全国270スクリーン)は4億2,000万円、『万能鑑定士Q ‐モナ・リザの瞳‐』(14年)も全国300スクリーンで公開されながら、公開初週の2日間の成績は、動員11万9,558人、興収1億4,018万円で初登場5位とひどい結果でした。ネット上では、『映画館がガラガラ』『全然観客がいない』などと話題になったほどです。ヒロインとして出演した、三谷幸喜監督最新作『ギャラクシー街道』(15年)も酷評されたばかりですし、世間では『わたしを離さないで』の数字を受け、『もう完全に終わった』『過去の人になっちゃった』などの声が上がっています。3月から放送を予定している『精霊の守り人』(NHK)も心配でなりません」(同)

 同記者いわく、「『精霊の守り人』はNHK放送90年大河ファンタジーということで、3年にわたり、全22回で放送される。今の綾瀬に3年間を託すのは、あまりに無謀なのでは?」。視聴率女王だったはずの綾瀬の大暴落ぶりは衝撃的な出来事だが、今後、“低視聴率女王”の名をはせることにならぬよう祈りたいところだ。

TBSは『ラピュタ』を一生憎むだろうね~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  18. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  19. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  20. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー