しいちゃんの芸能解説講座【裏】

ホンジャマカ・恵俊彰と石塚英彦の絆、EXILE最大の危機……知られざるグループの絆

megumi-book1.jpg
『親父の役目 四人目が生まれて思うこと』(マガジンハウス)

編集S 今週は、SMAP独立騒動の謝罪の話で持ち切り。気分がどんよりしちゃうわね。

しいちゃん 分裂危機といえば、長らく“不仲説”がウワサされているホンジャマカの恵俊彰と石塚英彦。1月17日放送の『ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!』(テレビ朝日系)にゲスト出演した恵が、「よく言われるんだけど、仲は悪くないと思う」ときっぱり否定してたよ。「俺は仲はよいと思ってる。人としても相方としても」と語ってた。

編集S 「恵は近年、みのもんた化が激しいな」という印象しかないほど、ホンジャマカに興味ないんだけど、一応聞くね。仲悪くないのに、なんでコンビで活動しないわけ? 

しいちゃん ホンジャマカは、1993年に「ゴールデン・アロー賞新人賞」を受賞。同年には、さまぁ~ずと組んでコント番組『大石恵三』(フジテレビ系)を開始したんだけど、ウラ番組の『進め!電波少年』(日本テレビ系)に視聴率で完敗し、半年間で終了。当時、ナインティナインらが活躍しているのを見て失望し、「コンビ以外の可能性も探していかないとさぁ、先長ぇよな、人生の」と石塚と相談。コンビでの活動は『関口宏の東京フレンドパークII』(TBS系)に絞り、個人で活動するようになったんだって。石塚が食レポで人気を集めると、恵は「すごいな、やっぱり。これでよかったんだな、コンビとしては」と感じていたそう。

編集S 話を聞いていたら、『東京フレンドパークII』でホンジャマカが、視聴者から投稿された着ぐるみを着てたことを思い出しちゃった。

しいちゃん 『ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!』では、3年半前に石塚が出演した際のVTRを紹介。石塚は「恵を見るとホッとする。ホンジャマカが“港”みたいな感覚」「いつでも戻ったときに、僕を的確にツッコんでくれるのは恵だし」「ライブで2人で笑いをとったときの気持ちよさが忘れられない」と語ってた。一方、恵は「ボンジャマカって、石塚は“港”って言ったんだけど、俺は“なくならないもの”なんですよ。自分たちの作った“なくならないもの”で、求められたらカバンの中から出してくればいいもの」「ホンジャマカを頼まれたらいつでもやるよ。お願いされたら行きますよ。やりたいもん、それは」と語ってた。

編集S やだ、意外とイイ話じゃん。薄い本作られちゃうな、これは。

しいちゃん そうそう! この番組でさ、恵は石塚のことを「石塚さん」と呼んだり「石塚」と呼んだりしてるの。そこ、胸キュンよね~。実はホンジャマカって88年の結成当時は11人のグループだったって知ってた? ところがどんどん脱退者が出て、最終的に恵と石塚の2人になっちゃったのよ。それだけ2人の絆は強いってわけ。

繰り返しますが、ATSUHIさんは実話!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  12. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  13. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー