芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

【連載】ヨシダ ナギの私が愛した世界のイケメンたち

【関連ワード】

インド

ヨシダナギ

 フォトグラファー ヨシダ ナギが世界中で見つけたイケメンをこっそりあなただけに紹介。

イケメンNo.02
ラム・ムニ・マハラージ fromインド

nagi_episode02_B_2.jpg

 イケメンというか、神に近い存在。インド/ネパールにおける、仏門やヒンドゥに入った世捨て人「サドゥ」(※)の中でも、生きる伝説的なおじいちゃん、ラニ・ムニ・マハラージ。

 ※サドゥとは、インドやネパールに400万人ほどいるといわれている、世俗を捨てた聖人たちの総称。宗派によって顔に灰を塗っていたり、裸だったり、いろいろと違いあり。

 ある宗派のサドゥは髪を切ることを禁じている。それゆえ髪が長ければ長いほど、そのサドゥ歴がわかるというシステム。それを踏まえて、下の写真を見てほしい。

nagi_episode02_A2.jpg

 彼に会ったのは、ハリドワール(インド北部)。わたしがフォトジェニックなサドゥを物色していたところ、突如彼が目の前に現れた。胡散臭いサドゥもそこそこ多い中、彼と目があった瞬間、電撃が身体を駆け巡った。

 「こいつぁ、本物だ」

 早速撮影交渉をしようと近づいたところ、取り巻きの弟子から止められた。「彼の撮影は禁止されている。帰りなさい」。

 通訳になんとか撮影させてほしいと交渉をしたものの、ダメの一点張り。諦めようとしたその時、彼が動いた。

 「君にはいい予感がする。さぁ撮影を始めようか」

 なんと、本人から撮影OK。よく漫画で見るアイドルとファンとの禁断の恋のきっかけのようなアレである。夢中でシャッターを切り続け、彼を撮影した。

 撮影が終わると、彼はわたしのために祈ってくれるという。わたしの頭に手を乗せて、「あなたに神のご加護がありますように」と一言。今はやりの“頭ポンポン”である。それ以上になにか、これまでの穢れが落ちたように身も心も洗われたような感覚に陥った。やはり彼は本物だった。

 そのあと、取り巻きが言うところによると、彼は非常に徳の高いサドゥで、今まで、どんなに有名なカメラマンやTVのクルーが来たとしても撮影を許可したことがないそう。そんなハイクラスイケメン(サドゥ)であった。

ヨシダナギ
1986年生まれのフォトグラファー。アフリカ人への強烈な憧れを幼少期から抱き「大きくなったら自分もアフリカ人のような姿になれる 」と信じて生きるが、自分が日本人だという現実を両親からつきつけられ、10歳の時に大きく挫折する。独学で写真を学び、2009年より単身でアフリカに渡り、憧れの彼らの写真を撮りはじめる。アフリカの裸族と共に裸になったことがさまざまなメディアで紹介され、その奔放な生き方と写真が注目を集める。現在はアフリカや途上国の秘境や僻地で写真を撮りながら、“アフリカ人の美しさ”や“アフリカの面白さ”を伝えるべく、講演会やコラム寄稿などの活動を積極的に行っている。
・公式サイト

オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    このカテゴリの最新記事
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!