芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

"噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第299回】

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

shujo0119.jpg
「週刊女性」2月2日号(主婦と生活社)

 先週から日本を激震させているSMAP解散問題。昨日18日は会見でなく『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で謝罪し一応の落着となったが、それはまったくの茶番だ。そもそも騒動の発端は副社長のメリー喜多川が「(娘のジュリーと対立するなら)SMAPを連れて今日から出て行ってもらう」と飯島三智マネジャーに言い放った挙げ句、解雇したからではないか。SMAPに向けても「出て行け」といったメリーさん89歳。大混乱の元凶はこの高齢副社長とそれに右往左往するしかなかった旧態依然とした芸能マスコミか。

第299回(1/14~19発売号より)
1位「“木村の裏切り”“中居の怒り”それでもSMAPは解散しない!!」(「週刊女性」2月2日号)
2位「中居正広『僕たちはSMAPがあってこそ…』“育ての母”へ『惜別の誓い』を――SMAP『5人の絆は終わらない!!』」(「女性自身」2月2日号)
3位「船越英一郎 松居一代を離婚! 『耐えて忍んだ15年』全記録」(「女性セブン」1月28日号)

 日本中がSMAP問題で持ち切りの1週間だったが、そこで露になったのがジャニーズタブーに毒された芸能マスコミの腰抜けぶりだった。そんな中、ジャニーズキラーの「週女」が放った特集は、期待通り異彩を放っている。

 これまでほとんどのスポーツ紙、ワイドショーが報じ続けてきたのは、今回の騒動がSMAP育ての親・飯島マネが独立を画策したクーデターだというものだった。飯島マネが諸悪の根源、そして木村拓哉はそれに同調せずジャニーズの恩義を重んじた筋の通った男で、それ以外の4人のメンバーは“裏切り者”。特に中居正広はその中心的存在で、しかしすでに中居は後悔しきり。さらに昨日の『SMAP×SMAP』での謝罪、そして全員残留はキムタクが副社長のメリーを説得した結果――。

 しかし、それらはジャニーズ事務所の情報操作の結果であり、“真相”が別にあることは明らかだ。

 御用媒体ではない「週女」のSMAP特集は、これまでの報道をことごとくひっくり返し、騒動の“真相”に迫った記事だ。

 まず「週女」は騒動の発端はクーデターなどではなく、副社長のメリーによる飯島マネ(記事ではIマネ)とSMAPの追い出し発言だったとの“内情”を伝えている。

 それは「週刊文春」(14年1月29日号)に掲載されたメリー喜多川の驚愕インタビューだった。メリーはここで飯島マネに対し、娘の藤島ジュリー景子(記事ではJさん)と「対立するならSMAPを連れて今日から出て行ってもらう。あなたは辞めなさい」と勧告したのだ。

 それ以前、社長であるジャニー喜多川は事務所の今後の構想として近藤真彦を社長に据え、飯島マネをその下に置き、ジュリーを創業者オーナーとしてマッチの上に君臨させるという絵図を描いていたが、このインタビューで全てがおじゃんになってしまったという。

 さらに昨年末の『NHK紅白歌合戦』の司会者に飯島マネがSMAPをブッキングしようとしたことでメリーがブチきれ、ここでも「SMAPを連れて出て行け!」と言い放ったという。

 要するにメリーが飯島マネだけでなくSMAPに対しても「出て行け!」と退社勧告をしたことが発端だったのだ。

『世界に一つだけの花』 ネットで真相がわかる時代になんだよ、メリーさん amazon_associate_logo.jpg
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!