仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

ベッキー、ゲス乙女・川谷との不倫LINEに見る“無理やりポジティブ”という暗い素顔

bekkygesuline.jpg
「心の星」/EMIミュージックジャパン

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「ヒルズ族に教えたい、本当の幸せはお金がかからないって」ベッキー
(「週刊文春」文藝春秋、1月14日号)

 「あの人はポジティブ(ネガティブ)な人だ」と思うときの判断基準は、“言葉”である。例えば新しい物事に挑戦するとき、「きっとうまく行く」と言う人はポジティブ、「失敗するに違いない」と言う人はネガティブと判断される。日本には、言葉には霊的な力があり、口に出したことが現実となるという言霊信仰があることに加え、スピリチュアルや自己啓発にも似た考えがあることから、「ポジティブ発言をする人=ポジティブ」は正しいと認識されている。

 このルールで考えると、「マイナスな言葉や事柄を避ける」というタレント・ベッキーは、“ポジティブな人”と解釈されるのだろう。ゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音との不倫騒動は、明るくて“ポジティブ”なベッキーが不倫略奪愛という“ネガティブ”恋愛をしたことで、世間が騒いだ部分が大きいだろうが、私に言わせるなら、ベッキーは実は相当ネガティブだと思うのだ。

 『5LDK』(フジテレビ系)において、ベッキーが語った「ポジティブルール」を具体的に記すと、

「黒い色は、お葬式の色だから、仕事では着ない」
「『忙しい』『疲れた』という言葉は、使わないようにしている。忙しいは心を亡くすと書くし、疲れたという言葉は、いただいたお仕事に対して失礼」
「スタジオを出るときは、感謝の意味をこめて、お辞儀をする。スタジオがあるから、お仕事ができる」

とのこと。明るい色、礼儀正しく、感謝を忘れない姿勢を“ポジティブ”と解釈する人もいるのだろうが、それでも私にはベッキーが、「本当はネガティブ思考なのに、無理してポジティブ思考に方向転換している人」に感じられる。

 例えば、黒を着ない宣言。確かに黒は不祝儀の色だが、ブラックタイという言葉が示すように、黒はフォーマルの場でも用いられる格調高い色でもある。黒という色が、慶事のものか弔辞のものかを決めるのはTPOであり、黒が不祝儀の色と決めつけるのは、ネガティブ寄りの「考えすぎ」ではないだろうか。

言葉ではなくバイブスでポジティブを振りまく奴がガチ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  11. 『カウコン』意外な舞台裏
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  17. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  18. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー