【うわさの会見場から】

梨花、イベントに遅刻&すぐ退散! あくび連発で「やる気なさすぎ」とマスコミ怒り!!

rinka01.jpg
モデル界のじゃじゃ馬だった頃の梨花

 モデルの梨花が昨年末、「ハワイ州観光局 スタイル親善大使就任記者発表会」で久々に公の場に登場した。しかし現場では、スタッフを困惑させる事態を引き起こし、かつて報道陣を振り回した気まぐれな梨花の性格は、「全然直っていなかった」(芸能ライター)という。

「梨花といえば“負け犬キャラ”としてバラエティ番組で一躍人気者に。しかし、テレビで見せるサービス精神豊富な一面は、イベント取材時には鳴りを潜め、報道陣への対応は冷たいものでした。気まぐれな性格だからなのでしょうか、梨花の評判はすこぶる悪かったです」(同)

 そんな梨花も2010年に結婚、翌年に出産を経て、教育熱心なセレブママに路線変更。昨年10月28日発売の「オトナミューズ」(宝島社)では、息子とともにハワイに2年間限定で移住していることを発表し、話題となった。

「この日は梨花が登壇時刻になってもなかなか姿を見せず、音楽だけが会場に鳴り響くという異様な状態が長々と続きました。事態を把握できていない司会は困惑し、苦笑いを浮かべるしかなく、裏側のスタッフも大混乱で『何事だ!?』と血相を変えて動き回っていましたよ。その後、数分置いて仕切り直し、梨花が登場しましたが、特に本人からはお詫びもなかったです」(ワイドショースタッフ)

 また、ハワイから帰国直後だったせいか、梨花は終始眠たげで、イベント中にあくびを連発していたという。

「これには報道陣も、『やる気なさすぎ』『バカにしてる』と呆れたり、怒ったりしていましたね。さらにイベントは、約10分遅れで始まった上、梨花がなかなか出てこなかったので、かなり押したはずなのですが、予定されていた時間にあっさり終了。梨花のトーク時間はごくわずかで、記事にできる部分も少なかったため、記者たちも『何を書いたらいいんだ……』と頭を抱えていました」(同)

 「オトナミューズ」では、ハワイへの移住について「本当はもっともっと穏やかに生きたい、スピードを落とそうって」と語っていた梨花。くれぐれも「他人に迷惑をかけない程度で」を徹底してほしいものだが……。

移住後数カ月で、早くもハワイ風を吹かせてくれたみたい

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!