芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

rinka01.jpg
モデル界のじゃじゃ馬だった頃の梨花

 モデルの梨花が昨年末、「ハワイ州観光局 スタイル親善大使就任記者発表会」で久々に公の場に登場した。しかし現場では、スタッフを困惑させる事態を引き起こし、かつて報道陣を振り回した気まぐれな梨花の性格は、「全然直っていなかった」(芸能ライター)という。

「梨花といえば“負け犬キャラ”としてバラエティ番組で一躍人気者に。しかし、テレビで見せるサービス精神豊富な一面は、イベント取材時には鳴りを潜め、報道陣への対応は冷たいものでした。気まぐれな性格だからなのでしょうか、梨花の評判はすこぶる悪かったです」(同)

 そんな梨花も2010年に結婚、翌年に出産を経て、教育熱心なセレブママに路線変更。昨年10月28日発売の「オトナミューズ」(宝島社)では、息子とともにハワイに2年間限定で移住していることを発表し、話題となった。

「この日は梨花が登壇時刻になってもなかなか姿を見せず、音楽だけが会場に鳴り響くという異様な状態が長々と続きました。事態を把握できていない司会は困惑し、苦笑いを浮かべるしかなく、裏側のスタッフも大混乱で『何事だ!?』と血相を変えて動き回っていましたよ。その後、数分置いて仕切り直し、梨花が登場しましたが、特に本人からはお詫びもなかったです」(ワイドショースタッフ)

 また、ハワイから帰国直後だったせいか、梨花は終始眠たげで、イベント中にあくびを連発していたという。

「これには報道陣も、『やる気なさすぎ』『バカにしてる』と呆れたり、怒ったりしていましたね。さらにイベントは、約10分遅れで始まった上、梨花がなかなか出てこなかったので、かなり押したはずなのですが、予定されていた時間にあっさり終了。梨花のトーク時間はごくわずかで、記事にできる部分も少なかったため、記者たちも『何を書いたらいいんだ……』と頭を抱えていました」(同)

 「オトナミューズ」では、ハワイへの移住について「本当はもっともっと穏やかに生きたい、スピードを落とそうって」と語っていた梨花。くれぐれも「他人に迷惑をかけない程度で」を徹底してほしいものだが……。

『梨花「NO.22」(Angel works)』 移住後数カ月で、早くもハワイ風を吹かせてくれたみたい amazon_associate_logo.jpg
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!