[連載]ヤリチン卒業!! 叶井俊太郎の子育て奮闘記

撮影厳禁、メイクに2時間! 父親が見た、娘のバレエの発表会の不思議

kosodateillust209.jpg
(C)倉田真由美

 年末の12月27日に、娘ココのバレエの発表会がありました。今春から週1回教室に通って、この日の発表会に向けて頑張ってきましたからね。ちなみにバレエ教室は平日なので、オレは4~5回しか見学に行ったことがなく、ほかの親御さんたちとはあいさつ程度。みなさん、静かに子どもたちの練習を見ているので、話しかけにくいんですよ。でも発表会のリハーサルが2回あり、そこで会話できました。どの保育園に通ってるとか、子どもたちの年齢とか、当たり障りない内容でしたけど。

 さらに、別のママから、発表会で先生に渡す花束のことで、話しかけられました。このママともちょっと話したんですが、娘さんは去年から教室に通っていて、発表会は2回目。いろいろ段取りを知ってるし、準備するものについてもアドバイスをくれたので、マジで助かりました!

 ちなみに全体リハーサルは1回目が3時間、2回目が2時間。しかも1回目は体育館のような会場で、親は中に入れず。だから妻と3時間ずっとお茶を飲んでました。終わった後、ココと「練習どうだった?」「疲れた!」「バレエ楽しいか?」「うーん、踊ってるだけだから、つまんない!」という会話に。教室に行く前は、「明日はバレエだ!」と楽しそうなので、たぶん疲れたからつまらないと言っているだけなんだろうなぁ。

 そして発表会の1週間前、突然妻が「27日に急にテレビの仕事が入ってしまった」と衝撃発言! 思わず、「マジか、準備どうするよ?」と言ってしまった。というのも、バレエは、髪の毛のセットとか本番用シューズの履き方とか、難しいんですよ……。シューズを履かせてから、リボンがほどけないように針と糸で縫わなければならない。男には難しい、マジで。妻はココの身支度まではいれそう。とはいえ、当日、更衣室に男性は入れないので、バレエの先生に妻がいなくなることを告げると、「では当日、ココちゃんは男性更衣室を使ってください」と対応してもらえました。しかし妻は残念だよなあ、ココの晴れ舞台が見られないとは!

 あと驚いたのは、本番中はカメラ・ビデオの撮影は厳禁ってこと。「プロのカメラマンが撮影するので、その写真を購入してください」と言われてしまった。映像の購入は、当日8,500円のところ、事前予約で7,500円になるそうなので、申し込みましたよ! バレエの発表会は、マジでいろいろ金かかります……。

神田うの、米倉涼子を生み出したバレエ教室という修羅の国ですもの!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク