ミユキデンタルクリニック・加藤深雪院長インタビュー

「口の中が汚い人に、肌がキレイな人はいない」 女性歯科医が語る、歯のアンチエイジング

miyukidental1.jpg
ミユキデンタルクリニック

 歯の老化というと「歯の色がくすむ」「歯が抜け落ちる」ということを思い浮かべる人が多いのではないだろうか。老化を止めたいと考えたとき、まずは肌からと考える人がほとんどだと思うが、実は一般的に思われている以上に「口の中のケア」は全身のアンチエイジングにつながるようだ。

 「口の中が汚い人に、肌がキレイな人はいない」と語るミユキデンタルクリニックの加藤深雪院長に、口腔内のアンチエイジングについて話を聞いた。

――歯の老化というのは、どのようなサインが表れるのでしょうか?

加藤深雪院長(以下、加藤) 歯の老化というのは、いわゆる歯自体の老化と、歯の機能の老化があります。歯自体の老化は、かむことによってすり減ってきたり、ヒビが入ってきたり、象牙質という組織が変色してくすんだりすることが多いですね。

 色のくすみはクリーニングで取ることができますが、歯のホワイトニング(ブリーチング)は漂白剤などを使用して色素を脱色するので、ホワイトニングを過剰に続けすぎると、神経にダメージを与えてしまう恐れもあります。そういった場合は、漂白剤に生体高分子(ミネラルなど体の組織にもある成分)が加えられた薬剤を使用している歯科クリニックを選ぶことで、神経へのダメージを軽減することができ、また歯表面への着色汚れがつきにくくなります。

 歯の機能老化は虫歯で歯が抜けるというよりは、歯周病で抜かざるを得ない状況になってくる方がパーセンテージとして多いですね。80歳以上で20本以上の歯を残そうという運動が日本歯科医師会で推奨されていますし、メンテナンスをきちんと行えば不可能なことではありません。

――歯の寿命を延ばすための、アンチエイジングの方法とは?

加藤 老化の度合いを調べる項目としては、歯の数、唾液量、かむ力、飲み込む力、歯周病の細菌の数を調べます。アンチエイジングとなると、口腔内の歯周病菌の絶対数を減らし、その他の項目の数値を高めることが大前提といえるでしょう。これらの数値を上げるために、しっかりしたかみ合わせの状態をキープすることが大切です。

 例えば、女性の場合、年齢を重ねると、更年期障害を発症しやすくなります。その症状のひとつに、唾液の分泌量の低下と、女性ホルモンの低下による骨粗しょう症が挙げられます。唾液の分泌量が低下すると口腔内の洗浄が滞り、虫歯菌だけでなく、歯周病菌の繁殖も加速してしまう可能性が高くなるのです。また、骨粗しょう症を発症すると、歯だけでなく歯を支える骨(歯槽骨)もスカスカになってしまうので、歯が抜けやすくなってしまいます。

 歯の寿命を延ばしたいのであれば、意識して唾液を出すこと、そして骨粗しょう症にならないようにすることを考えた方がいいといえるでしょう。

芸能人じゃなくても歯が命

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  7. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  8. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  13. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  16. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  17. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  18. 違法ギャンブル逮捕に狩野英孝が冷や汗
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー