[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

Kis‐My‐Ft2・藤ヶ谷太輔『MARS』、窪田正孝のW主演扱いは「大爆死阻止の秘策」!?

hujigaya_ao.jpg
今年29歳の藤ヶ谷が高校生役とは胸熱

 Kis‐My‐Ft2・藤ヶ谷太輔が、1 月23日深夜に放送開始する『MARS~ただ、君を愛してる~』(日本テレビ系/土曜深夜0 時55分~1時25分)で、実に2年半ぶりに連続ドラマの主演を務める。

 原作は1996年から2000年まで少女漫画誌「別冊フレンド」(講談社)に連載され、コミックは累計発行部数500万部を超えた惣領冬実のヒット作『MARS』。春休みのある日、海辺で絵を描いていたキラ(飯豊まりえ)が、バイクに乗った青年・零(藤ヶ谷)と出会う。新学期、2人はクラスメイトとして再会し、キラの絵をきっかけに、2人は少しずつ心の距離を縮めていくが、零の中学の同級・牧生(窪田正孝)が転校してきたことを機に、3人の運命が大きく動き始める……というラブストーリーだ。

 藤ヶ谷は11年7月期の『美男ですね』(TBS系)で連ドラ初主演を果たしたが、同作は瀧本美織、Kis‐My‐Ft2・玉森裕太、Hey!Say!JUMP・八乙女光の4人が“主演”扱い。そのため12年7月期『ビギナーズ!』(同/Kis‐My‐Ft2・北山宏光とのW主演)の方が、藤ヶ谷主演作というイメージが強いが、同作は、ゴールデン帯で1度も視聴率2ケタに乗せられず、最終回は自己ワーストの5.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で終了し、全話平均も7.3%と無残に散った。

 その後、藤ヶ谷は『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』(フジテレビ系/SMAP・木村拓哉主演)、『独身貴族』(同/SMAP・草なぎ剛主演)といった、ジャニーズ事務所の先輩の主演作にバーターで出演。主演作となると、今作と同枠の『仮面ティーチャー』(日本テレビ系/13年7月期)以降なかったため、『MARS』は2年半ぶりの主役となる。

 といっても、全国ネットではなく、日テレ以外で放送されるのは、札幌テレビ、ミヤギテレビ、福岡放送のみ。しかも、深夜ドラマとあって、さして視聴率のことをとやかくいわれることはないが、それでも、日テレは慎重だ。『MARS』は昨年最もブレークした俳優である窪田と、藤ヶ谷をW主演扱いに。ただ、名前の並びは藤ヶ谷が上になっており、窪田はサポート役的な意味合いが強そうだ。

 同枠の前作はトリンドル玲奈の連ドラ初主演となった『いつかティファニーで朝食を』で、は1%台を連発した。いくら深夜ドラマといっても、ゴールデン帯での主演経験があり、ジャニーズ事務所の若きホープである藤ヶ谷が、0~1%台の視聴率しか出せなかったら、それこそ批判の的となるだろう。今が旬の窪田の投入は、大爆死阻止のためといっても過言ではなさそうだ。
(森田英雄)

窪田くん、うちのガヤさんをよろしくお願いします!!!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  14. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. ムショ飯はうまいのか?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!