インスタでやらなくていいことなんじゃ? という疑問あり

ジャスティン・ビーバー、アレック・ボールドウィンの姪を恋人に昇格させた!?

justinhaileyinsta.jpg
ジャスティン・ビーバーのインスタグラムより

 ここ数年、派手な女性関係で世間を賑わせているジャスティン・ビーバー(21)。昨年は米英の音楽チャートで新記録を作るなど、歌手として大きく飛躍した年となったが、人々の記憶に残ったのは、パパラッチされたチンコ丸出し写真と、ジャスティンの父親の「息子のデカチンを誇りに思う」というアホなツイートの方。

 そんなジャスティンが、以前から交際をウワサされているヘイリー・ボールドウィン(19)とのキス写真をインスタグラムに投稿。ヘイリーは、ジャスティンの家族旅行に同行していることから、正式に「彼女」へと昇格したのではないか、と話題を集めている。

 ジャスティンの新恋人だとされるヘイリーは、米ショウビズ界の超サラブレッド。銀幕の2枚目俳優として活躍した後、メガヒットドラマ『30 ROCK/サーティー・ロック』でのボス役が大当たりしたアレック・ボールドウィン(57)、出演映画はB級ばかりだが、ドラマ『ホミサイド/殺人捜査課』での陽気な刑事役で知名度を上げたダニエル・ボールドウィン(55)、『フラットライナーズ』『バックドラフト』『硝子の塔』など、90年代にイケメン俳優として映画界で重宝されたウィリアム・ボールドウィン(52)はいずれも伯父。

 ヘイリーの父親は上記3人の弟で、「ボールドウィン兄弟で一番売れなかった」と陰口を叩かれることが多いスティーヴン・ボールドウィン(49)。とはいえ、人気西部ドラマの『ヤングライダーズ』でブレイクした過去を持ち、現在は宣教師や政治コメンテーターとして活躍している。脚にイエスの顔のタトゥーを入れるほど敬虔なクリスチャンであるジャスティンは、宣教師でもあるスティーヴンをリスペクトしており、昨年夏にはインスタグラムにツーショット写真を投稿。「ボールドウィン一族の中で一番クール!」というメッセージも添えていた。

 実は、ヘイリーとジャスティンを引き合わせたのは、このスティーヴン。インタビューで、「娘がジャスティンと最初に会ったのは『Today』という番組でだ。娘は12歳で、ジャスティンは14歳だった。私が彼のことを気に入って、2人を引き合わせたんだよ」と明かしているのだ。

ジャスティンは「恋愛」と「セックス」が違うものだとそろそろ悟った方がいい

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ムショ飯はうまいのか?
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 新春ジャニオタ放談

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!