その他

TOKIO・長瀬が地獄の赤鬼に! 『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』鑑賞券プレゼント

tooyoungtodie450.jpg
『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』公式サイトより

 TOKIO・長瀬智也7年ぶりの主演映画となる『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』が2月6日に公開となります。奇想天外なストーリーといえば、昨年末大爆死した『ギャラクシー街道』が記憶に新しいですが、長瀬まで年始めにコケるのだけはやめて……と祈るのみ。それではあらすじをみていきましょう。

 修学旅行で乗っていたバスが事故に遭ってしまった男子高校生・大助(神木隆之介)。目を覚ますと、そこは見渡す限りおどろおどろしい色彩が織り成す異空間。地獄へ辿り着いてしまったと理解するも、まだ大好きなひろ美ちゃん(森川葵)とキスもしてないのに、このまま死ぬには若すぎる!! と奮起。そんな彼の前に、地獄農業高校軽音楽部顧問にしてロックバンドの地獄図(ヘルズ)のリーダーである赤鬼のキラーK(長瀬)が現れる。彼の指導と特訓のもと、地獄から現世に戻ろうと悪戦苦闘する大助だが……。

 長瀬は、2009年の『ヘブンズ・ドア』以来の映画主演作ですが、全編通して特殊メイクの赤鬼役という“誰これ”状態。しかしクランクアップ報告会見では、作品愛を熱く語るなど本人のやる気は十分のようです。

 今回は『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』劇場鑑賞券を3名の方にプレゼント。長瀬と神木の共演は2001年の『ムコ殿』(フジテレビ系)以来、なんと15年ぶり。時の流れの速さを感じずにはいられません。この機会にみなさん振るってご応募ください!

応募は締め切りました

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  5. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  6. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  7. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  8. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  9. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  12. テレビとギャップありなジャニーズ
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  15. GENKING、元カレ質問で大失態
  16. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  17. 西内まりや、なぜ月9主演受けた?
  18. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 松潤の飲尿プレイ疑惑にショック

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  4. テレビとギャップありなジャニーズ
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. カニエ、親族にゆすられていた