[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

KinKi Kids、「光一派・剛派はやめよう」発言が波紋……過激な“オンリー担”に言及か

kinki-live.jpg
2人にこんなことで気使わすなよ~!!

 CDデビュー20周年イヤーに突入したKinKi Kids。年末年始恒例となっている東京ドームでのコンサートを開催したが、公演最終日には「光一派」「剛派」で分かれるファンに苦言を呈する場面があったといい、ファンに衝撃が走っている。

 KinKi Kidsの堂本光一&堂本剛は12月19日・20日に京セラドーム大阪、同31日と1月1日に東京ドームでコンサートを実施。1日のMCでは、大みそかから元日にかけて東京ドームで行われた『ジャニーズカウントダウンコンサート』について、「硝子の少年」の歌い出しを2人同時に間違えてしまったエピソードを告白。サビの「Stay with me」の入り方をそろってミスしており、出番後に「もしかして同じところ間違えた?」と、互いに確認したとのこと。ミスですらシンクロしてしまったという微笑ましい裏話には、ファンも「KinKi Kidsどんだけ仲よし!」「同じタイミングで間違えるってすごい」と、和やかな気持ちになったようだ。

 1997年7月に「硝子の少年」でCDデビューした2人も、来年にはデビュー20周年の節目を迎える。光一は主演ミュージカル『Endless SHOCK』をライフワークとし、剛はソロのシンガーソングライターとしてCDリリースやライブ活動などを展開。個々で仕事をする機会も多い2人だが、元日の公演で2016年は2人の活動が増えることを宣言した。

 そして剛が、2人のうちどちらか1人にのみ愛を注ぐファンに対して、「光一派」「剛派」はやめて「シンプルにKinKi Kidsを愛してください」と、ファン同士の“団結”を呼びかけたという。

「たしかにキンキのファンは、ジャニーズの中でもファンが二分化している印象です。同じジャニーズの2人組でも、タッキー&翼は片方が“アンチ”は少なめですが、キンキの場合は特に光一ファンの“剛アンチ”ぶりが顕著な様子。Twitterアカウントのプロフィール欄に『堂本光一オンリー』と記載し、剛の悪口や定期的に『KinKi Kids解散希望』などとツイートする人も見受けられます。これまで、2人を応援するファンの間ではこうした“オンリー担”に冷ややかな視線が送られてきましたが、ついに本人たちが言及したことで、波紋を呼んでいるんです」(ジャニーズに詳しい記者)

 今回の剛の発言についてネット上では「そういう発言はすべきじゃない」などと噛みつくファンや、「剛くんの発言うれしかった」という賛同の声、「本人たちに伝わってるって事実が悲しい」などと、さまざまな反応が上がっている。

 これを機に「光一派」「剛派」問題があらためて取り沙汰されているが、争いが起こることなく、ファン全体が幸せに包まれるような20周年イヤーとなることを願いたい。

皆の衆、これより新時代の幕開けぞよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  5. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 『カウコン』意外な舞台裏
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. キャラ変え好調の乙武洋匡
  12. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  13. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  16. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー