喫煙報道も大ダメージ

成海璃子、激太りに「プロ意識なし」! それ以上にファンを呆れさせるお盛んな男事情

narumiriko_hp.jpg
成海璃子オフィシャルサイトより

 12月22日に放送されたバラエティ番組『オレたちの洋楽オールナイト生放送! あの名作から最新ヒット作まで! 映画主題歌ベスト30』(WOWWOW)に女優の成海璃子が登場したが、ネット上では、「かつての輝きを失ってしまった」という嘆きの声が噴出してしまったようだ。

「成海は2000年に放送されたドラマ『TRICK』(テレビ朝日系)で、仲間由紀恵演じる主人公・山田奈緒子の少女時代役を演じてドラマデビューを飾り、05年に『瑠璃の島』(日本テレビ系)でドラマ初主演を果たすと、美少女ぶりと演技力の高さで注目されるようになりました。しかし、太りやすい体質なのか、たびたび体重増加をネット上で指摘され、12月11日にも、16年1月に放送予定のラジオドラマ『あいちゃんは幻』(NHK)の収録前にインタビューを受けた際、再び激太りと騒がれてしまいました。マスコミ関係者の間でも、『プロ意識に欠けるのでは?』という声も出ているほどです」(芸能記者)

 それ以上にファンを激震させたのが、昨年、熱愛&喫煙報道だという。子役出身の“清純派”イメージが崩壊し、ファン離れが加速したといわれている。

「成海は14年、パリコレモデル・山下翔平とのお泊まりデートが、週刊誌『フライデー』(講談社)によって報じられ、ファンに衝撃を与えたのですが、それ以上に話題となったのが、山下と一緒に喫煙している姿を激写されたことでした。喫煙写真の反響は凄まじく、『ハタチを過ぎているので法的に問題ないとはいえ、裏切られた気分』などと、一気にファンが離れていったといわれています。さらに12月11日、成海はまたしても『フライデー』に、ハーフモデルのクロウド・モーガンとの熱愛を報じられてしまいました。成海の所属事務所はこれを否定しているものの、ファンは聞く耳もたぬ状態のようで、『結局、イケメンが好きなんだな』『男をとっかえひっかえ。清純派とは程遠い』など、呆れ返ってしまっているようです」(同)

 “10歳で神童、15歳で才子、20歳過ぎればただの人”と耳にすることがあるが、23歳の成海はすでに“ただの人”となってしまったということなのだろうか?

タバコを吸いたい日も、男と遊びたい日もあるわよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  7. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと