[韓ドラ沼の彼岸から]

美人局に狙われたスキャンダル俳優が本気キス!? 『検事プリンセス』のパク・シフに身悶え

――日本のドラマよりハチャメチャな韓ドラが好き♪ 韓流ドラマの沼に落ちた女2人が、好き放題にドラマ&俳優を語る! 

kenjipurinsesu.jpg
『検事プリンセス DVD-SET1』/ジェネオン・ユニバーサル

☆T子……『冬のソナタ』を始め、話題の韓国ドラマはひと通り押さえてきた独身アラフォー。2015年最大のニュースはヨン様結婚。若い嫁に浮かれ、SNSでのろける彼にがっかり。

★A美……K‐POPを入り口に韓流にはまり、ドラマもつまみぐいする20代後半。最近の悩みは若いアイドルにときめけなくなってきたこと。最近少しスピリチュアルにハマってる。

A美 せんぱーい! 最近何か面白いドラマありましたか~?

T子 最近は新しいドラマを見るより、過去の作品をプレイバック中なのよね~。いよいよ今年パク・シフが韓国ドラマに帰ってくるみたいだから、彼の作品を見直してるの。今からシフモードを高めておこうかなって♪

A美 ついに復活するんですね! パク・シフといえば『検事プリンセス』にはまって一気見しましたよ!

T子 まさにこの前見てたのがそれ! 主人公がピンチになるといつも助けてくれるミステリアスな男、でも実は彼女に近づいたのは復讐のためで……。

A美 恨みながらも彼女のことを好きになっちゃうんですよね~。

T子 復讐のために生きてきた彼は、切なさと憎しみの間で苦悶しながらもヒロインを見つめるシフ……。あぁ~もう! 私が抱きしめにいってあげたい!!!!

A美 ちょ……ちょっとせんぱーい! 帰ってきてくださーい!

T子 はっ! ごめんごめん、見終わったばっかりだから、つい荒ぶっちゃった。

A美 あの切ない眼差しと、うす味の知的な顔がいいですよねー。まさに塩顔男子ですね!

T子 ノンノン! たしかに彼のよさはルックスにもあるんだけど、これを忘れちゃいけないわ! あなた、彼の別名をご存じかしら?

A美 え、別名ですか? うーーん……あ! ランボルギーニ女?

T子 A美ちゃん、それはシフファンの間では禁句よ!! シーーーッ!

A美 え? もうネタにしてもいい頃かなって思ってました。だってパク・シフといえばあの衝撃のスキャンダルじゃないですか! シフが女性を強姦するなんてありえな~いと思ったら、やっぱり美人局的な事件だったっていうアレ。

T子 ちょうど事務所を移籍したときだったから、元事務所とあの女が結託したんじゃないかって。不審な点もボロボロ出てきたし、結局、女が訴えをとりさげたのよねー。

A美 画像検索すると出てくるのがランボルギーニの水着着た彼女の写真。ソウルの街やネット通販のモデルにうじゃうじゃいるあの整形顔! 最近、楽天のファッションショップにも多いんですよー、韓国整形女がモデルのとこ。

よーし今宵はシフのキスシーン動画を肴に晩酌♪

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. ムショ飯はうまいのか?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー