芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

 2015年もマンガ界は大変に豊作でありました。その最大の成果が九井諒子先生の『ダンジョン飯』(KADOKAWA)であり、老若男女、マニアからライトユーザーまで幅広い支持を集める本作は、久々のメガヒットの登場を予感させます。ところで、九井先生はそもそもネットでマンガを発表していた方です。近年、ネット発のマンガ家は急増しつつありますが、その一方でマンガ家がネットでトラブルに巻き込まれる事態も増えています。今年はマンガ家がらみの2つの大きな炎上沙汰がありました。

(前編・『ヒモザイル』事件はこちら)

◎峰なゆか『アラサーちゃん』騒動のはじまり

arasa-minenayuka.jpg
『アラサーちゃん』(KADOKAWA / メディアファクトリー)

 これはまったく愚かしい事件でありました。事の発端は8月、「ハツキス」9月号(講談社)で始まった田所コウ先生の新連載『コトコトくどかれ飯』に、峰なゆか氏がこれは自作『女くどき飯』(ぐるなび「みんなのごはん」連載)のパクリであると、Twitter上で噛みついたのです。ところが『コトコトくどかれ飯』は、実際の作品を読んでみれば小学生にも理解できることですが(当該の「ハツキス」はKindle等で購入できます)、『女くどき飯』にはまったく似ていません。そして実際、峰氏はこの時点で「ナタリー」のニュース記事を読んだだけであって、実際の作品に目を通すことなく、峰氏の言う「コンセプト」(おそらく「コンセプト」の定義がわかっていないまま使っていたご様子ですが)とタイトルの「くど」「飯」の3文字が重複していただけで「パクリだ!」と騒いでいたことが後に判明します。「パクリ」という言葉はいかにも重い。

 峰氏の暴走は止まりません。Twitter上で中村珍氏、うしじまいい肉氏らの仲良しグループとともに田所先生を攻撃し、プレッシャーをかけ(「私はコトコトくどかれ飯作者の田所コウさんとハツキス編集部と講談社に法的には問題のない範囲でのいやがらせをしていくことに一生を捧げるしかないのだろうか」などと発言しております)、最終的には耐えかねた田所先生が連載辞退を申し出るまでに追い込みました。これを「いじめ」と言わずしてなんと言いましょう。講談社側は公式に盗作ではない旨を表明いたしましたが、峰氏やその取り巻きは一切を無視。結局、ネット上にはうしじまいい肉氏らによる偏向したまとめばかりが残され、田所先生の連載は終了し、その名誉が回復されることはありませんでした。これが第1ラウンドです。

オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!