【エロメン☆タイム】500人斬りのMAROが魅せる「とにかく楽しいセックス」

 女性による、女性のための、女性が楽しいAV作品を数多くリリースしてきた、みんな大好き「SILK LABO」。優しさと色気を兼ね備えた魅力的なエロメンも続々誕生し、その勢いはとどまるところを知りません! そんなシルク作品レビューの第二弾をお届けします。

 気持ち良いセックスにおいて何よりも重要な“コミュニケーション”にスポットを当てた人気シリーズ『Face to Face』待望のシーズン6がリリースされました! 同シリーズでは、セックスシーン撮影の前に、2人きりで「自分のしたいこと・されたいこと」「理想のセックス」など、お互いのセックス情報をお茶を飲みながら交換します。現実では、初対面でシラフの男女が「2点責めされるのが好き♡(照)」などと話した後にベッドインするなんてあり得ないですよね。もちろん、それは出演陣たちも同じ。その状況に違和感を覚えつつも、何だか楽しんでいる雰囲気が自然体でイイ! 作り込まれた作品とは違い、エロメンたちの素顔がギュギュっと詰まっています。

◎マルチタレント・MAROの新たな一面

 『Face to Face』シーズン6は、キングオブエロメン・一徹出演「恥ずかしさのその先に」、人気急上昇中の若手エロメン・北野翔太出演「優しさに身を任せて」、そして期待の新人・MARO出演「まだ知らない悦び」という作品の3本立て! 今回は、GIRL’S CHオリジナル動画でも話題の新人・MARO編にズームイン!

 ダンサー、歌手、役者、モデルとマルチタレントとして活躍中のMAROさん(31)が、SILK LABOからAVデビューすると発表された時には各界がざわつきました。見た目通りのパワフル系セックス? そもそも、言ってもマルチタレントさんだし挿入シーンはないのかな? といろんなパターンを想像しつつ再生ボタンを押してみると、AV女優・紺野ひかるちゃん(22)とソファに座り「初めまして(照)」「すごい緊張しますね」と、少し恐縮しながら敬語で話すMAROさんの姿が映し出されました。

 あれ? MAROさんってこんな感じなの? と拍子抜け。しかし、見進めていくと、「経験人数は?」「一番記憶に残ってるセックスは?」「どんなことされたら気持ち良いの?」なんて、同じく緊張していたひかるちゃんから赤裸々な事情をあれよあれよと引き出していくではないですか。もちろん聞くだけではなく、自分の性事情も大公開するMAROさん……さすがのコミュ力です。

 何でもプライベートでの経験人数は、ひかるちゃんは70人くらい。22歳で70人とは場数を踏まれてますね~。正直でイイゾ! 対してMAROさんは300~500人くらい。多い時では週10人(ランチで1人、夜ご飯で1人、深夜~早朝でまた1人)とおセックスしていたとのこと。ご、ごひゃくにんっ!? というか誤差200人って何っ!? なんて野暮な話は置いといて、そんな経験豊富な2人がついにベッドに移動します。

◎500人斬りの「優しさ」

 時に照れながらも明るく楽しくセックストークを繰り広げた2人ですが、場所が変わればまた緊張。ベッドに移動した途端、ひかるちゃんはMAROさんと若干距離を保ち、目さえ合わせられなくなってしまいました。わかる~!!! どんなに場数を踏んだとしても、この改めて「よろしくお願いシマス……」というベッドイン直前の空気、目のやり場や座る位置とか悩む~~!!!

 しかし、さすがは500人斬りのMARO。そんなひかるちゃんに、「今日はとにかく楽しもう!」と【新しい性感帯を見つける】という、先ほどまでのセックストークをフル活用できるテーマを提示します。「おぉ、なるほどね」と唸りながら見ていると、気付けば確実にあったはずの2人の物理的距離は詰められており、ひかるちゃんの手を取り“カップル繋ぎ”をしていました。い・つ・の・ま・に!!! その手はいつしか首に周り、身体を引き寄せセックススタート。

 まずはMAROさんが全身リップでひかるちゃんの緊張をほぐします。そこでも、「おっぱい綺麗だね」なんて女性がアガる言葉や、「(脇を舐めながら)しょっぱい」とちょっと恥ずかしい言葉もさらっと言ってのけるMAROさん。そのすべてが、あのハスキーボイスで囁かれるのです……これはずるい!!!

 その後は、事前トークに出てきた性感帯を刺激しては「ここどう?」「くすぐったい?」などと、お互いに反応を確認しながら手と舌を這わせ“舐め合い”の始まりです。ここでは舌テクに注目……といきたいところですが、ついにTシャツを脱ぎ捨てたMAROさんの肉体美に釘付けとなるでしょう! 10歳からダンスをしているだけあり、腹筋は綺麗な板チョコ、筋張った腕、全体的にバランスの取れた筋肉。この裸体は、筋肉好き女子ならずとも一見の価値アリですよ! そして、始まりのキスから16分後……ようやくクンニ、フェラ、挿入とAVの醍醐味となるシーンが展開されていきます(マルチタレントと言えど、挿入シーン、あります!!!)。

 フェラシーンでは、ひかるちゃんの長い髪を邪魔にならないように片側に寄せ、挿入シーンでは「お尻可愛い」と褒め、フィニッシュの体位はひかるちゃんに選択権を委ねるなど、MAROさんの気遣いは本当に細やか! 女慣れしている人がなぜモテるのか……その答えがこの『Face to Face』シーズン6「まだ知らない悦び」に詰まっています。

 発射後は2人とも汗だくになり、そんなお互いの姿を照れ笑う――清々しくて無駄のない「とにかく楽しいセックス」ってイイですね。個人的には、ズボンを脱いだMAROさんのグレーパンツに“お汁”が滲んでいたことに一番ニヤつきました。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー