セカオワFukaseと“整形中毒”疑惑・益若つばさの「オワコン熱愛狂想曲」はヤラセ?

sekainoowari_nikkan_150326.jpg
『TOKYO FANTASY』/東宝

 ロックバンド・SEKAI NO OWARIのボーカル・Fukaseと、モデルの益若つばさの交際が報じられた。25日発売の写真誌「FRIDAY」(講談社)には、“セカオワ”のメンバー4人が共同生活を送る一軒家に2人が出入りする様子がキャッチされており、お泊りデートとして写真とともに掲載されている。

 Fukaseといえば、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅとの交際が長いこと取りざたされていたが、今年8月にTwitter上に複雑な文字列を投稿して、破局を示唆し、話題になった。ファンでなければどうでもいいような話ではあるが、関係者の間では「交際はウソ」「男女の関係はない」「話題づくり」であるともっぱらだったらしく、今回の報道も疑わしいと見る向きは多い。

「お相手の益若は、2007年にモデル・梅田直樹と“できちゃった結婚”し、その後長男を出産するも13年に離婚。その後は熱愛報道などはまるでなし。話題になったことといえば、坂上忍に番組内で『自己チュー』『スタッフぞろぞろ連れて何様』と、その性格をフルボッコ状態にされて涙目になったとか、昔と顔立ちが全然違うこと、目に見えて“劣化”しているということくらいでしょうか。このままじゃそのうちメディアから消えてしまう……『じゃあ熱愛報道でも出すか』と考えた、なんて妄想もしてしまいますね(笑)」(芸能記者)

 メディアに出るたびに「顔が変わっている」と指摘され“整形中毒”の憶測も出ている益若の今回の熱愛。Fukaseときゃりーの熱愛に信ぴょう性がなかっただけに、今回もある程度疑われてしまうのは仕方がないだろう。ただ、今回の熱愛報道の“恩恵”を受けるのは、益若よりもむしろFukaseの側だと記者は語る

「不可思議な雰囲気が若年層にウケたSEKAI NO OWARIですが、キャラが濃いだけに飽きられるのもはやく、アンチも非常に多い。『メンバーと暮らすとか気持ち悪い』というネットの声もあります。昨年、今年はCDセールスや人気を保持することはできましたが、映画『進撃の巨人』の主題歌が盛大にバッシングされるなど“オワコン”の声もちらほらと……。今回の報道で『あ、セカオワっていたな』と思った人も多いのでは?」(同)

 ちなみに、元カノ(?)のきゃりーもオワコン扱いされて久しい。益若とそろって、以前NEWS・手越祐也と熱愛報道があった点もどこか寒々しい感じがするのは気のせいだろうか。オワコンだらけのセカオワ恋愛事情、とりあえず注目である。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!