2015年まんが界事件簿【1】

2015年まんが界事件簿――【東村アキコ『ヒモザイル』騒動】が象徴したヒエラルキー

2015年まんが界事件簿――【東村アキコ『ヒモザイル』騒動】が象徴したヒエラルキー

2015年もマンガ界は大変に豊作でありました。その最大の成果が九井諒子先生の『ダンジョン飯』(KADOKAWA)であり、老若男女、マニアからライトユーザーまで幅広い支持を集める本作は、久々のメガヒットの登場を予感させます。ところで、九井先生はそもそもネットでマンガを発表していた方です。近年、ネット発のマンガ家は急増しつつありますが、その一方でマンガ家がネットでトラブルに巻き込まれる事態も増えています。今年はマンガ家がらみの2つの大きな炎上沙汰がありました。...

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

2015年まんが界事件簿――【東村アキコ『ヒモザイル』騒動】が象徴したヒエラルキーのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 『なんかおもしろいマンガ』ありますのニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 福原愛は、なぜ急速に嫌われたのか?
  2. 伊野尾慧、取材現場で散々な評価
  3. 『ミになる図書館』5.7%の大爆死
  4. 木村拓哉、カンヌの行動が批判の的に
  5. 『昼顔』劇場版、前評判が「最悪」!?
  6. NEWS・手越、LINE流出疑惑で波紋
  7. さんま、小倉優子に“公開セクハラ”!?
  8. 『母になる』視聴者から脱落宣言?
  9. 葉加瀬太郎の口説き文句に出た身勝手さ
  10. JUMP・伊野尾主演映画が微妙な動員数
  11. 手越、“犯罪容疑者”との写真流出
  12. 伊野尾慧、無礼キャラは限界?
  13. DV夫でも子どもに会えないのはつらい
  14. ZARAに心も体も売った「GINGER」
  15. 宮沢りえ、仕事サボってデート!?
  16. 山本裕典、遊ぶ金欲しさで復帰画策!?
  17. モテ男・ドレイクの口説き方がえぐい!
  18. 手越の「コネチケ」にファン激怒
  19. 怒られたジョージ王子がかわいすぎる
  20. プウ美ねえさんが語るセックスレス

ジャニーズの人気記事

  1. 伊野尾慧、取材現場で散々な評価
  2. 『ミになる図書館』5.7%の大爆死
  3. 木村拓哉、カンヌの行動が批判の的に
  4. JUMP・伊野尾主演映画が微妙な動員数
  5. 手越、“犯罪容疑者”との写真流出

カルチャーの人気記事

  1. DV夫でも子どもに会えないのはつらい
  2. ZARAに心も体も売った「GINGER」
  3. DV夫から逃げるためにシェルターへ
  4. スメハラの汗かき男と口臭上司についにブチ切れ! クサイのは向こうなのに、なんで私が悪者なの!?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. モテ男・ドレイクの口説き方がえぐい!
  2. 怒られたジョージ王子がかわいすぎる
  3. コリン・ファレル、陰毛処理を失敗
  4. ケイティ・ペリー、新曲MVが不評
  5. MCハマー、55歳でもキレッキレのダンス