「酒飲むと勃たない」と暴露後「(酒片手に)セックスしよう」と誘う男性の謎

 2015年も残りわずか、忘年会シーズン真っただ中ですね! 毎年、この時期は「忘年会だし今年も終わりだし仕方ない」と意味不明な理論で、ついつい食べ過ぎて太ってしまいがちなロリルミです。忘年会独特の「年忘れちゃおう感」が食欲とアルコール欲に拍車をかけるんですよね。

 と、そんな感じで今月に入ってからは忘年会と称した飲み会のような、言うなれば合コンのようなものに行く機会も多かったのですが、ある日の忘年会で私と自宅の最寄り駅が同じ男性に出会いました。

 私は元々田舎から出てきた上京組なので、東京で一人暮らしを始めてからは「近所に友達が住んでいる」という経験がありません。一番近くに住んでいる友達でも、電車で5駅くらいの距離がありました。

 「徒歩圏内に友達がいたら終電を気にせず気軽に飲めるじゃん! いい飲み友達になれるかも!」そう思った私はその男性とLINEで連絡を取るようになり、翌週に2人で飲むことになりました。

 彼の名はシュンくん(30)。丸の内のIT企業に勤務するサラリーマンだそうです。この時点では、私は彼に対して何の下心もありませんでした。性欲の権化である私としては珍しく、本当に「近所の飲み友達が欲しい」という気持ちのみ。シュンくんは性的に魅力があるというよりは、「いい人そう」な印象が強かったからです。

 何の変哲もない居酒屋に入って乾杯した私たち。お酒を飲みつつ、お互いの仕事のことや、シュンくんの愛犬の話なんかをしていたのですが、突然彼が「俺、酒飲むと絶対に勃たないから、酔ってセックスするっていうのができないんだよね」と言い出しました。

 「え、いま下ネタに突入するタイミングだったっけ……?」と感じましたが、私は「たまにそういう男の人もいるよね」と当たり障りのない返答をしました。そしてその話題はすぐに終わり、また他愛もない会話に戻ったのですが、その後シュンくんはまた突拍子もないタイミングで「いま俺は正直、ロリルミちゃんとヤリたいと思ってる」とストレートにセックスの打診をしてきたのです!

 私は直接的な表現でセックスに誘う男性のことは嫌いではありません。お酒が入っている状況であれば、高確率でその後ラブホに行く打ち合わせをし始めるでしょう。しかし、シュンくんはその前に「お酒を飲むと不能になる」ことを打ち明けています。ということは、居酒屋を出てラブホに行ったとしても、セックスというか挿入できずに終わることが予想されます。

 ラブホに行ってから男性が「ごめん、今日はちょっと……」と勃たないことがわかり、挿入できないのと、はなから挿入ナシとわかりきった上でラブホに行くのとでは、事前のテンションに大きな差が出ます。そもそも私は挿入が好きなので、それナシのセックスだったらしなくてもいい、とすら思ってしまいます。なのでシュンくんとのラブホ行きには全く乗り気にはなれません。

 失礼かな……? と思いつつも、「でもさっき飲むと勃たなくなるって言ってたじゃん。ラブホ行ってもできないでしょ?」とシュンくんに伝え、拒否の姿勢を示しましたが、彼は「いや、でも実際してみないとわからないよ?」と粘ります。

 「いやいや、あんた『飲むと絶対勃たない』言うてたやんけ!」と心の中でツッコみながら、「ラブホ行ってもできなかったら、私もシュンくんも残念な気持ちになるでしょ?」となんとかなだめる方向で話を進めました。しかし彼は「ロリルミちゃんが上目遣いでフェラしてくれたら勃つと思う!」「パイズリしてくれたら勃つはず!」と、いつのまにか自分の勃起のために私がいろいろとご奉仕する予定を組んでいます。もしセックスするとしても、上目遣いでのフェラとかパイズリはしないよ。何なんだコイツ……。

 シュンくんとしては、自分からセックスに誘った手前、引き下がれなくなったのかもしれませんが、私はなんだか悲しい気持ちになりました。そんなにセックスしたいなら、わざわざ「酔うと勃たない」なんて言う必要なかったのでは……? なぜ最大のウィークポイントを暴露した? すべてが酔った勢いでの言動だったとしても、お酒の席で「酔うと勃たない→でも君とセックスしたい」の流れは「じゃあ、ラブホ行こう」という気にはさせません。もしこれが、「パイズリしてくれたら勃つかも!」ではなく、「勃たないかもしれないけど、クンニし続けるよ!」なら、まだラブホに行こうという気になっていたかもしれません。

 結局、シュンくんの「ヤリたい」連呼が止まらなかったので、一軒目の居酒屋で解散することにしました。これ以上、「ヤリたい!」「でも勃たないでしょ?」のやりとりを続けても意味がありません。彼は一体、何がしたかったんだろう。残念ながら、シュンくんとは飲み友達になれなそうです……。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!