[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

嵐・相葉の月9は苦戦、SMAP・木村と東山は14%超! ジャニドラマ年間視聴率ランク

kimuratakuya11.jpg
ヒガシすら圧倒して君臨するキムタクの尊さ!

 2015年は佐藤健主演『天皇の料理番』、阿部寛主演『下町ロケット』(ともにTBS系)の高視聴率が話題になった民放の連続ドラマ。『下町ロケット』は最終回で22.3%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)を記録し、15年の民放連ドラ最高記録を更新。一方、ジャニーズタレントが出演したドラマでは、今年もジャニーズの高視聴率男が堂々の1位を獲得した。

■14年に続き木村がトップ! 草なぎの主演作も健闘
 15年の連ドラでジャニーズ内トップだったのは、SMAP・木村拓哉主演の春ドラマ『アイムホーム』(テレビ朝日系)。木村初のテレ朝ドラマ主演作となったが、初回は16.7%と好スタートを切り、一時は12.6%(4話)にまで落ち込んだものの、最終回で19.0%の最高視聴率を記録。全10話の平均は14.7%で“視聴率の帝王”の底力を見せつけた。同じくSMAPメンバーの出演作では、1月期の草なぎ剛主演『銭の戦争』(フジテレビ系)が平均13.3%で3位にランクイン。木村&草なぎ主演作が1、3位を獲得する中、稲垣吾郎が出演した『HEAT』(同)は大爆死。EXILE・AKIRAが主演を務め、稲垣は主人公が働く不動産会社の社長を好演したが、全9話の平均は3.8%で終了。同作はドラマ放送前から映画化が決定していたものの、低視聴率によって映画化プランが白紙になってしまった。

■大活躍だったHey!Say!JUMPメンバーの成績は?
 8月放送の『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)でV6とメインパーソナリティを務めるなど、人気・知名度が上昇したHey!Say!JUMP。視聴率トップは中島裕翔が出演し、4位に入った『デート~恋とはどんなものかしら~』(フジテレビ系)。主演の杏と相手役の長谷川博己のコミカルなやり取りが人気を博し、平均12.5%を記録。中島の「鷲尾くん」も視聴者に好評で、半年後にはスペシャルドラマとして復活を遂げた。また、10月期に放送された新垣結衣主演の『掟上今日子の備忘録』(日本テレビ系)には有岡大貴が出演しており、平均9.7%で8位にランクイン。多部未華子主演で関ジャニ∞・大倉忠義とHey!Say!JUMP・八乙女光が出演した『ドS刑事』(同)は10位で、平均は9.3%。メンバー内で最も低視聴率だったのは、伊野尾慧が出演した『戦う!書店ガール』(フジテレビ系)。稲森いずみとAKB48・渡辺麻友のW主演作だったが、全話平均は4.7%で16位という結果だった。

■山下智久、若手のSexy Zone、Kis‐My‐Ft2メンバーも活躍
 14年、“六本木スマホ窃盗事件”でお騒がせした山下智久は、春ドラマ『アルジャーノンに花束を』(TBS系)で知的障害のある主人公を演じ、秋にも石原さとみ主演『5→9 ~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)に出演。『5→9』は平均11.7%で6位、主演作の『アルジャーノンに花束を』は8.5%で12位となった。

 Kis‐My‐Ft2は玉森が『銭の戦争』に出演したほか、10月期の『青春探偵ハルヤ』(日本テレビ系)で主演を務めた。ドラマ自体は10話だったが、最終回の前週(12月17日)には『スカッと解決!「青春探偵ハルヤ」聖夜の最終話直前スペシャル』と題したダイジェスト版を放送し、全11回で平均4.1%を記録。17日の放送を除いた全10話の平均は4.3%だった。また、北山宏光が出演した松坂桃李主演『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(フジテレビ系)は平均8.8%(11位)で終了。

 そのほか、午後8~10時台以外のドラマを見てみると、ジャニーズJr.の岸優太が鈴木梨央とW主演を務めた深夜ドラマ『お兄ちゃん、ガチャ』(日本テレビ系)は2.8%で19位に。そして、ジャニタレ出演ドラマ最下位はA.B.C‐Z・戸塚祥太が出演した“昼ドラ”『癒し屋キリコの約束』(フジテレビ系)で、全40回の平均は2.4%だった。A.B.C‐Zは14年もメンバー5人が出演した深夜ドラマ『魔法★男子チェリーズ』(テレビ東京系)が0.8%で最下位となっていただけに、16年の躍進に期待したいところだ。

いよいよマッチよりヒガシの方が尊敬できる結果

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク