江角マキコ『バイキング』卒業に世間は冷笑……「落書き」イメージより深刻な“裏事情”とは

esumimakiko1222.jpg
江角マキコ公式ブログより

 女優でタレントの江角マキコが22日、レギュラー出演していた『バイキング』(フジテレビ系)を“卒業”することを発表した。江角は「これからもバイキングをよろしくお願いします」とあいさつしたが……。

 江角といえば、おととし8月に「週刊文春」(文藝春秋)で、前事務所に所属していた2012年12月、子どもを同じ学校に通わせていた、タレント・長嶋一茂夫人への嫌がらせとして、当時の男性マネジャーに命じ、自宅の壁に「バカ息子」などと落書きをさせていたことが発覚。それ以降はCMオファーやドラマ出演は皆無となり、『私の何がイケないの?』(TBS系)、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)、『バイキング』というバラエティ番組にのみ顔を見せていたのだが、いよいよバラエティからも姿を消す前兆なのだろうか。

 ネット上では「卒業じゃなくて降板だろ」「いい年して卒業とかwww」「坂上忍の新居に落書きするなよ」といった冷めたコメントが散見されている。記者がいうには、江角が最初に降板する番組が『バイキング』なのは意外だったという。

「江角の夫はフジテレビ社員で、江角の落書き騒動があった際には『今回のこと(長嶋一茂邸落書き事件)には、もう触れないでくれ』と頼んで、事態を収束しようとしていたという話もあります。昨年の同局のヒットドラマ『HERO』のディレクターでもあった“敏腕”社員ともあり、社内にも顔が利く人なのでしょう。騒動後も変わらず出演していた『バイキング』を今年いっぱいで降板とは、少々意外でした。まあ、フジ側はいつでも切れる状況だったのでしょうが、夫の顔を立てて年末まで出演させ続けたということではないでしょうか」(芸能記者)

「ぐるナイもそろそろかな」「一度壊れたイメージの修復は難しい」と、厳しい声の中で番組を降りた江角。ただ、ネット上では江角のことと同等に『バイキング』そのものへの批判も多い。

「『江角ってまだ出てたんだ』『この番組まだやってたの?』という声が非常に多い。いまだに1%台(ビデオリサーチ調べ/関東地区)の視聴率を出すこともある同番組ですから、視聴している人そのものが少ないのがわかります。今回の江角降板も彼女のイメージより“予算”の問題なのではというウワサも多いです。開局以来初の赤字を出したフジテレビですから、低視聴率番組の『余計な費用をカットする』という意味もあるのかもしれません」(同)

 日本テレビやTBSがいまだに江角の出演を継続させる中で、フジテレビだけが彼女を“切った”のは、局の「懐事情」が大きいのかもしれない。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー